エンタメ

白石麻衣、西野七瀬…坂道シリーズ女優の演技力は? 業界人が本音で判定

坂道シリーズから女優として羽ばたいたメンバー

 2011年に「AKB48」の公式ライバルとしてデビューすると、圧倒的なビジュアルや音楽性で48グループを抜き去り、今や国民的アイドルグループになった「乃木坂46」。さらに姉妹グループでもある「櫻坂46」(旧:欅坂46)、「日向坂46」といった坂道シリーズと呼ばれるグループも絶大な人気を誇っている。  楽曲やパフォーマンス、バラエティ番組での活躍が目立つ彼女たちだが、最近ではOGメンバーを中心にドラマや映画、舞台などで俳優として躍進中。そこで、テレビドラマや映画に関わる業界人に坂道シリーズの中で“女優”として注目しているメンバーを聞いてみた。

ドラマでも躍進する白石麻衣と西野七瀬

 まずは、かつてキー局のドラマ制作会社で働き、現在はフリーのプロデューサーを務めるA氏に聞いてみた。 「元乃木坂46のエースで、モデルや女優として活躍する白石麻衣さん。圧倒的な知名度と清楚なビジュアルを生かしてさまざま作品でヒロイン役を務めてきましたが、演技力もなかなかのモノ。今年の夏ドラマ『漂着者』(テレビ朝日系、金曜午後11時15分~)では、謎の漂着者に翻弄されながらも不可解な事件を追う新聞記者役を務め、芯の通った正義感の強い女性を体当たりで演じており、ひきこまれました。  将来的には、米倉涼子さんや篠原涼子さん、戸田恵梨香さんのような“強い女性”を演じられるトップ女優に育ってほしいですね。問題は、ヒット作に恵まれるかどうかになるかと……。個人的にはバラエティ番組やYoutubeチャンネルで見せるお茶目な一面を生かしたラブコメディなどにもトライしてほしいなと思っています」  もう一人は、同じく元乃木坂46の人気メンバーだった西野七瀬さん。ヒットドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)でのサイコパス女子大生役が印象的ですね。  ネットドラマ『ホットママ』(Amazon Prime Video)で新米ママ役を演じていましたが、演技面での総合力では白石さんにやや劣るかなというのが正直な感想。ただ、儚さの中に秘めたミステリアスな雰囲気は他の人気女優でも持っていない彼女の武器だと思うので、そういった役どころを極めていってほしい。  坂道シリーズから大女優が生まれる日も遠くはなさそうである。
次のページ
存在感が光る2人
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事