ダイハツ・ウェイクは日本一売れるクルマに確定!?

少し気が早いのですが、この1年を振り返るとハスラー、タントなど、当欄で軽自動車を話題にすることが多かったと存じます。そんななか、ダイハツから超弩級の軽自動車ウェイクが登場。何が超弩級かっていうと、とにかくデカい!&室内が広い! 前輪を外さずにロードバイクが2台も入るし、スノボもゴルフバッグも余裕。数年後、日本一売れているクルマの登場です

ウェイク

背が高いのに、背が高く見えないデザインもGood! 前後バンパーの色をボディと変えているのが背が高く見えないポイントだそうです

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆BMWやアウディにも学んでほしい“超デカい軽”の使い勝手に脱帽!

⇒【前編】はコチラ

MJ:えっ? 俺が精魂込めて書いた試乗記事より上なの?

K:それどころか、モテ記事やエロ記事を上回っての1位でした。

MJ:グラビアン魂よりも!?

K:ユーザーの反応を見ると、「ロードを入れて遠出したいのでレンタカーに入れてほしい」、「前輪を外さず2台はスゲー」、などの熱い声ばかり。こんなにもロードバイク人口が多いのかと驚きました。

K:……。実は俺もさ、家族用の実用車は、今や自転車が積めるかどうかが最大のポイントなんよ。そんなにしょっちゅうサイクリングに行くわけじゃないんだけど、ひとつ目的ができるとそれが絶対条件になる。このクルマ、指名買いだらけじゃないの?

K:売れますかね?

MJ:売れるだろうね。ヘタすりゃ日本一になるね。

K:日本一ですか!?

MJ:今年度の上半期一番売れたクルマは、同じダイハツのタント。トヨタのアクアを上回ったんだよ! タントだって出たときは、「こんな託児所みたいにバカ広い軽、どーすんだ?」って思ったけど、それが今や日本一。数年後には、ウェイクが日本一になる!

K:一応聞きますけど、走りはどうですか。今回はターボモデルしか乗れませんでしたが。

MJ:重い。ターボ付きじゃないとたぶん激遅。

K:車重が1トン超えてますからね。

MJ:で、ターボの豪華装備グレードだと180万円。アクアと変わらない。でも今後軽は高いのがメインになるよ! 来年4月から軽自動車税が年3600円上がるから、激安モデルは当分厳しい。景気も徐々に上向いて、ますますこういうゴージャス系に流れると見たね!

【結論】
軽自動車税が上がると軽の販売は苦しくなるが、バカデカ軽で苦境を乗り切り、いずれ国内シェア50%を超えるだろう。欧米にはまたぞろ非関税障壁だと言われそうだが、こんなクルマ、日本でしか作れないので打つ手なし!

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com




おすすめ記事