せきしろ&峰なゆかが思わず沈黙してしまう迷言ツイート

ツイッターを見ていて、一般人が半径5mの日常で辿りついた「マイ金言」「マイ真理」にイラッとさせられた経験はないだろうか。今回、せきしろ、峰なゆかの両氏が、そんな“ドヤ顔ツイート“をばっさり品評する!

――まずは恋愛系(http://nikkan-spa.jp/91627)です。一見爽やかな名言めいたものから、生々しいものまでいろいろあります。

せきしろ&峰なゆかせきしろ 「ピーナツひとかけらでも、大切なひとの隣で食べれば、極上のフランス料理よりもずっとおいしく感じる。」は、『恋のから騒ぎ』のオープニングの名言みたいな感じ。でも、「極上のフランス料理」が残念ですよね。「ビフテキ」くらいまでハズせばバカっぽさが出てよかったのに。

 生々しいものだと、「いま膣が子宮内膜吐いてる。今月も私は健康な女としての活動ができませんでした、ごめんなさい、許して下さい。」もそうですが、ホント生理ネタをツイートする女が多い! これって、今日のうんこの状態がどうだったかを書いているようなもんです! いろいろ悩みはありますが、自粛していただきたい。男性から見てどう思われますか?

せきしろ ……コメントに困りますので次に(苦笑)。「世の中は、どんな女も抱けちゃう男と、どんな女も抱けない男がほとんどで。なのに女の子はその間の数少ない男を「誠実」とか言って追いかけるから大変なんじゃない?」は男のほとんどがヤリチンと童貞だ、と。

 どう考えてもその2タイプはすごい少ない(笑)。で、このツイートって「男の理想像を追いかけてるからお前らダメなんだ」という、女子に対するディスりなんですね。これは男を喜ばせるんですけど、結局こういう女は本命にはされないんです(涙)。

――処女への挑戦を呟く男性もいますが?

 処女好きで保育士って!? 転職を検討していただきたい。

せきしろ 「保育士なのに下ネタ書いてるんですよアピール」ではないですかね? プロフ込みでの作品として見るべきかな。同じように、母親のことを呟いている42歳・男性・会社員。これもプロフをひっくるめた「作品」です(笑)。はがきでも採用するかも。

 この「母親は“絶対神”」は、カッコつけて名言を言おうとする人よりも、自分のサイテーな部分を出している分、感じがいいです。まぁ私はブロックしますが。

―― 一方、不思議ちゃん系(http://nikkan-spa.jp/91625)は、一切恋愛臭がしません。

 「フライパンを垂直に持って上下に動かしてみたら、先住民になったような感覚に陥って気分が高揚した。」は、こんなかわいくないことしか思いつかないのに不思議ちゃんアピールをしたい!っていう強引さが、同性から見てもかわいいです。

せきしろ 元祖不思議ちゃんっていうんですか。例えば、中央線界隈なんかでは局地的に受け入れられるツイートかもしれませんね。

峰 なゆか氏
小誌で漫画「アラサーちゃん」を連載中。ブログに掲載した4コマ漫画+描き下ろしによる単行本『アラサーちゃん』がメディアファクトリーより発売中

せきしろ氏
文筆家。小誌連載「バカはサイレンで泣く(http://nikkan-spa.jp/bakasai)」選者。日常の機微を自由律俳句で詠んだ『カキフライが無いなら来なかった』(共著、幻冬舎)など著書多数

― ツイッターで[自分の名言に酔いしれる人々]【4】 ―




おすすめ記事