TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル

爪切男の『死にたい夜にかぎって』
雑学

自称・天才の音楽家は全裸で泣いた――爪切男のタクシー×ハンター【第三十一話】

私が愛した彼女は音楽の天才だった。周りから天才と呼ばれていたのではなく、自分で自分のことを天才と自画...
爪切男
雑学

「どうなったか見たい?」彼女は私のボーナスで女性器を手術した――爪切男のタクシー×ハンター【第三十話】

 終電がとうにない深夜の街で、サラリーマン・爪切男は日々タクシーをハントしていた。渋谷から自宅までの...
爪切男
雑学

男たるもの女という花を引き立たせる最高の花瓶でありたい――爪切男のタクシー×ハンター【第二十九話】

同棲中の彼女がアパートのベランダで花を育てたいと言い出した。不眠症にパニック障害という複数の病を抱え...
爪切男
雑学

「セックスレスからの脱出」甘くて生々しい体臭が私を目覚めさせた――爪切男のタクシー×ハンター【第二十八話】

愛する女が臭いのだ。同棲をしている彼女がお風呂に入らなくなった。入る頻度は三、四日に一回ほど。本人と...
爪切男
雑学

「乳首も弱いけど、耳たぶ舐められるのが一番好き」風俗嬢との筆談プレイ一部始終――爪切男のタクシー×ハンター【...

【第二十七話】何色でもいい。自分が綺麗だと思う虹を大事にすればいい。  私と彼女。性格も考え方も真逆...
爪切男
雑学

「紙の匂いを食べて生きていた」貧乏な家に育った私は大人になっても借金地獄にいる――爪切男のタクシー×ハンター...

【第二十六話】人間はもっと弱いもんじゃないですか。   中国の仙人は霞を食べて生きていたそうだが、私...
爪切男
雑学

「男の寂しさを埋めるのは松尾芭蕉ではなくカンパニー松尾」風俗の客引きから学んだこと――爪切男のタクシー×ハン...

【第二十五話】本当か嘘かなんて、そんなに大事ですか? 何回も夜を共にしたジジイがいる。ジジイの名前は...
爪切男
雑学

「やっぱり潮を吹く女の方が好き?」彼女はアサリを見ながらつぶやいた――爪切男のタクシー×ハンター【第二十四話...

アサリを飼ったことがある。二回ある。 私の家はなかなかの貧乏家庭だった。そのために「何でもいいのでペ...
爪切男
雑学

「インポはマイナスじゃない。プラスだ」勃たない男は一日の始まりと終わりにおっぱいを揉んだ――爪切男のタクシー...

「今日は死ぬのに良い日だ」――400戦無敗の経歴を持つ最強の格闘家ヒクソン・グレイシーは試合当日にこ...
爪切男
雑学

風俗嬢のおっぱいを背中に感じながら私はギブアップした――爪切男のタクシー×ハンター【第二十二話】

【第二十二話】「死ぬ気で頑張ったら本当に死ぬよ」 「なめんじゃねえ! 女をなめんじゃねえぞ!」静寂を...
爪切男
1
2
3
4
5