Webジャーナリズムの日本での可能性と紙媒体の未来――BuzzFeed統括編集長が語る

全世界から月間2億人が訪れる米国発メディア「BuzzFeed(バズフィード)」が日本に上陸した。“Webメディアの黒船”は、日本のメディアをどう見たのか?

BuzzFeed統括編集長 ベン・スミス氏


ベン・スミス氏

ベン・スミス氏

 ’12年、米国の政治ジャーナリストとして第一線で活躍してきたベン・スミス氏がバズフィード全体を統括する編集長に就任して以来、バズフィードは設立当初から手がけてきたエンタメ分野のコンテンツだけでなく、ジャーナリズムやルポルタージュにも挑戦し、今では世界で確固たる地位を築きつつある。

 この路線は当然ながら日本版にも引き継がれ、日本版バズフィードもジャーナリズム路線を開拓していく方針だ。

 しかし一方で、日本のジャーナリズムは閉鎖的でWeb媒体が入りづらい環境にある。米国で政治ジャーナリストとして第一線で活躍してきたベン・スミス編集長はこうした日本のジャーナリズムをめぐる状況をどう見ているのか?

「我々は昨年オバマ大統領にインタビュー取材をしましたが、オバマ大統領がバズフィードを選んでくれたのは、バズフィードに語りたいからではなく、その先に存在するバズフィードを読むオーディエンスに語りたいという意志があったからです。日本は確かに記者クラブなどの存在があり、新興媒体は取材しにくいかもしれない。

しかし、我々が多くのオーディエンスを掴むことができたら、最終的には政治家などのリーダー層も、バズフィードの存在を意識せざるを得なくなると思います。また、アメリカでも、新聞などのレガシーメディアの発行部数は落ち続けています。

それは事実ですが、これは従来メディアの消失を意味するのではなく、新しいメディアと従来メディアの境界線が消えつつあることだと捉えています。メディアが古かろうが新しかろうが、その先のオーディエンスは今でも存在していて、むしろ昔よりも今のほうが、何かしらの情報を受け取る人々は増えています。

Webで記事や写真を楽しむ人たちに対して、従来メディアが自分自身をどう変えることができるのか。それができているところが成功していくのではないでしょうか」

【ベン・スミス】
イェール大学を首席で卒業。’11年まで政治メディア「POLITICO」のライターを務め、執筆ブログが『TIME』誌の「’10年の必読ブログベスト5」に選ばれる。’12年1月から「バズフィード」編集長に就任

<取材・文/北村篤裕 撮影/我妻慶一>

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中