男でもできる「レディース古着転売」のコツ。月30万円は稼げる!?

 男性ながら、レディースの古着を専門に転売し、手堅く毎月20~30万円の利益を上げている佐山さん(仮名)。商品はブランド系古着通販サイトで安価なものを購入。仕入れは1000円以内の商品と決めており、数百円で購入した古着でも平均して3000円強で売れるんだとか。

「たとえば300円で買った商品が3000円で売れれば、1着につき送料込みでも約2000円ほど儲けるので、1日3着売れば月30万円は達成します。僕はLINEモール(5月で終了)の出品が中心ですが、女性がよく見るメルカリでもいいと思います」

 とにかく仕入れ値と売り値の差が大きくあるのが、レディースの古着転売の最大の魅力だとか。

「ポイントは大量に仕入れて大量に売ること。売れた実績がある人のほうが売れるんです。ただ、多く仕入れるとその分、家に在庫を抱えちゃうので、スペースは必要ですけど。在庫が増えすぎた場合は、5着セットでまとめ売りするのも手です。売れない商品があっても損はしていませんね」

7

マーキュリーデュオ ワンピース 仕入れ値 300円 売り値 3980円/写真映えしにくい黒や白のものよりも、写真のような写真映えしにくいもの、柄ものが狙い目だそう

 男性が女性服を売る。もちろんこれは買い手には知られていない。

「やはり出品者が男性だと買ってもらえないので、発送元だけ彼女の名前にしています。あとは、まとめ売り専用のアカウントも持ったほうがいいですね。同じ商品が安く売っていることがわかったら、買ってもらえなくなるので。ちなみにメンズの古着には手を出さないのは仕入れ値が高いのと、ネットでの流通がないからです。目利きは必要ないですね。最初は小さい利幅で売って実績を積み、売れた数を増やしていけばいいですよ」

8

ダメージ加工のマウジーのデニム 仕入れ値 300円 売り値 3400円/型遅れのモデルでもあまり関係なく売れる上、写真映えしやすいデニム。手堅く売れる定番商品

 すごく楽です、と言うわりに「でも退屈です」とも語る佐山さん。一日3着売って月収30万円は魅力なので、本業ではなくあくまで副業にするのがいいのだろう。

 そこで、記者(♀)が「自分なら買う」という視点で、ブランド古着通販で10点ほどの若者向け古着を購入。佐山氏は、「300円ほどで仕入れて10倍にできる」と言っていたので、500円で仕入れた服をすべて若干弱気の2500円ほど(送料はこちら負担)で出品。だが、なかなか売れず。後日、コメントで値下げ交渉をされ、応じた結果、2着が売れた。収益としては1200円だが、ほぼ送料に消えることに。売り切ってしまいたい、という出品者の気持ちが見透かされたのか、悩ましい結果に終わった。3/15発売の週刊SPA!では、『転売で月10万円稼ぐ』という特集を組んでいる。副業に挑戦したい方のために、コツを紹介している。ぜひご参考に。 〈取材・文/週刊SPA!編集部〉

週刊SPA!3/22・29合併号(3/15発売)

表紙の人/ 岡田准一

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中