友人・知り合いが「現役キャバ嬢か?」を見分ける方法。LINEのアカウント名で分かる!?

 以前、日刊SPA!では職場の女子社員が元キャバクラ嬢かを見分ける方法を紹介したが、実は知り合いが現役のキャバクラ嬢かどうか見分ける方法は他にもある。

スマホ1台持ちがキャバ嬢を困らせている


 その前に、現在のキャバクラ嬢が客と連絡をとる方法について簡単に解説したい。

 かつてキャバ嬢は、仕事用のガラケーとプライベート用のスマホの2台持ちをしていた。しかし、3年ほど前から客とのやりとりがLINE中心になった結果、スマホ1台で仕事とプライベート両方のやり取りをする必要が出てきたのだ。

 そのため、両方で使用しているLINEアカウントには、それを隠していてもキャバ嬢であることが透けて見えてしまうことがある。それが顕著に出るのがアカウント名だ。

本名は使えない、源氏名も使えない結果…


 本名をキャバクラの客には知られたくないが、プライベートでも使うため、源氏名にするわけにもいかない。結果として、どちらでも通用する名前を設定する必要が生まれる。

 では、キャバ嬢たちはどんなアカウント名を設定するのだろう。今回は、実際のキャバ嬢たちに見せてもらったアカウント名から、その特徴を紹介しよう。

3位:「Love」や「sweet」などの英単語

「N.K」、「S」など、イニシャルを使って個人を特定されないレベルで本名を使用するキャバ嬢も存在する。が、これではLINE交換時に客から「本名なんて言うの?」攻撃を食らうケースがあるという。その攻撃が面倒なキャバ嬢は、本名とはまったく関係のない英単語を使うのだ。

 調べたところ、「Love」「sweet」など可愛らしくて簡単な言葉のチョイスが多い。他にも、「pink0527」など、誕生日と組み合わせているケースも見られた。

次ページ2位、1位

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中