カープ女子グラドル・菜乃花の「カープ優勝水着」がTwitterで大反響

カープ優勝を記念して、ビールかけ風「勝利のグラビア」をアップした菜乃花ちゃん

 ついに25年ぶり、7度目のセ・リーグ優勝を果たした広島カープ。地元・広島だけでなく、全国的に広島優勝のお祝いムードのなか、一人のカープ女子にも注目が集まっている。童顔なのにiカップバストで、しかもスタイル抜群のグラビアアイドル「菜乃花」ちゃんだ(ツイッターは@nnk_77)。これまで広島が勝った日に、ツイッターにアップした「勝利のグラビア」が大きな話題になっている。早速、グラドル・菜乃花ちゃんに直撃!

――広島が25年ぶりの優勝ということで、今の気持ちはいかがですか?

菜乃花ちゃん:私はまだまだファン歴も長くないし、長年のファンからすると語れることも少ないけど、25年ぶりの優勝に立ち会えて幸せですね! 去年は開幕前に期待されていたのになかなか勝てず、試合速報を見るのが本当に辛かったんです。でも今年は、「今日も勝った!」「また今日も勝った!」と、本当に幸せな1年でした。日々に潤いを与えてくれた存在で、本当にカープファンでよかったなと思います。それと、私は、田中広輔選手やノムスケさん(野村祐輔選手)とか、今のカープの中心選手と同い年なんです。だからすごく親近感があって、いつも刺激を受けて、「私も仕事をがんばろう」という力をもらっています。

――「勝利のグラビア」を始めたきっかけは?

菜乃花ちゃん:今年5月頃からカープが勝った日にお祝い事という気持ちで始めました。たまたま雑誌の撮影で着た赤い水着のオフショットがあったのでそれをツイッターに上げたら、セクシーな水着だったのもあって、反響がすごかったんです! 「勝ったらこんなグラビアが見れるんだ」とか「カープファンいいな」みたいな面白いリプがたくさん返ってきて。みんな喜んでくれるし、これもグラドルならではの応援の仕方かなと思って、ちょっとやってみようと始めたんです。「カープファンじゃないけど、カープが勝つのが嬉しくなってきた」というファンの方がいたり、どんな気持ちでも「カープが勝って嬉しい」という気持ちを共有できるのが嬉しかったですね。カープはセ・リーグで移動距離が一番長いこともあって夏が正念場だと思っていたんですが、夏以降も順調に勝利を重ねて……ツイッターにアップする画像が足りなくなって困りました(笑)。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1198768

――嬉しい悲鳴ですね。カープファンになったのはいつ頃からですか?

菜乃花ちゃん:5年くらい前に広島から東京に出てきたら、“広島愛”がより強くなったんです。その頃は低迷していたのですが、年々順位を上げていて「カープがんばってる!」と感じていました。そんなふうに興味を持ってきた頃、地元に帰ったときに、カープファンの叔父にMAZDA Zoom-Zoom スタジアムに連れて行ってもらって。そこで菊池涼介選手のホームランを初めて見て、応援しようと思ったのがきっかけですね

――特に注目している選手はいますか?

菜乃花ちゃん:今年、3戦連続決勝弾を打った鈴木誠也選手は打率も2位で特に注目していますが、選手みんながチームプレイをしているのが、今年のカープの特徴だと思います。例えば、18年目のベテラン、新井貴浩選手でも進塁打を打ったりするし、菊池選手は1塁にランナーがいるときはライト方向へのヒットが多かったり、「みんなで1点を取ろう」という気持ちで、チーム一丸になっているのを感じるんです。

――そのチームプレイが今年の優勝の原動力になった、と。

菜乃花ちゃん:そうですね。去年は前田健太投手や黒田博樹投手ら先発がよくても、中継ぎ、抑えで逆転負けしてしまうことが多かったんです。でも、緒方孝市監督は去年1年間、きついなかでも抑えに中崎翔太投手を起用し続けたことで、今年30セーブ以上という結果にもつながっていると思います。それと、中継ぎのジャクソン投手は30ホールド以上していて、安定感がすごいですね。それぞれの選手がそれぞれの仕事をしっかりしているのが、今年のカープの強さの秘訣だと思います。

――リーグ優勝時には真っ赤なマイクロビキニで、ビールかけ風の「勝利のグラビア」をやっていましたが、この後のクライマックスシリーズ、日本シリーズで優勝したら?

菜乃花ちゃん:「勝利のグラビア」は続けますけど、優勝したら何しようかな……今、考えてます(笑)。カープもまだ終わりじゃなく、この勢いで日本シリーズも頑張ってほしいですね!

 25年ぶりの優勝に沸く広島カープ。クライマックスシリーズ、日本シリーズだけでなく、カープ女子グラドルの菜乃花ちゃんにもますます注目だ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1198762

<取材・文/日刊SPA!取材班 撮影/矢郷 桃>

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中