30代未婚女性の4人に1人が処女! アラサー処女の告白

森田ゆき

『30歳、処女なのにエロ漫画描いてます。』著者の森田ゆきさん

 厚生労働省の「第14回 出生動向基本調査」(2010年)によれば、30~34歳未婚女性の23.8%が、35~39歳では25.5%が「性体験をしたことがない」と答えたそう。つまり、30代未婚女性の約4人に1人が「処女」ということになる。

「童貞」が『電車男』『ボーイズ・オン・ザ・ラン』『モテキ』などのヒット作でも題材とされる一方、偶像視されこそすれ、これまでその“リアルな生態”を描かれることが少なかった「処女」。それも10~20代ではなく、30代となると、自分が処女であることをオープンにする人も少ないため、非常にベールに包まれた存在といえる。

 しかし、そのベールを拭い去り、みずからの生態を赤裸々に告白しようというアラサー処女が現れた。先日、コミックエッセイ『30歳、処女なのにエロ漫画描いてます。を上梓した、漫画家の森田ゆきさんだ。

 森田さんの本業は、上のタイトルが示すとおり、なんとエロ漫画家。「処女なのに」、なぜそのジャンルを選んだのだろうか。

「27歳のときに漫画雑誌で新人賞をもらったのですが、そこから鳴かず飛ばずで。編集さんからは『パンチラとか、ちょっとエッチなシーンを入れるといい』なんてアドバイスをもらっていたのですが、『そんなの恥ずかしくて描けない!』と思っていました……。それでも、あまりにもウダツが上がらないので、『ならばいっそ』と、思いっきりエロを描くことにシフトしたんです」

 こうして“振り切った”森田さんの作品は今や、「村の奇祭で女が性の生贄になる」「人妻が相撲取りに襲われる」など、小柄でかわいらしい外見からは想像もつかない、猛々しい内容のものが多い。

「もともと、金田一耕助みたいなオドロオドロしい世界観が好きで。『村』『祭』『生贄』……みたいなテーマに、グッとくるんです(笑)。女性向けのエッチな漫画も好きで昔から読んでいたけど、肌を重ねるまでの男女の機微は、処女の自分には描けない。それよりも、男性向けの荒っぽいエロ漫画のほうが、いきなり襲われたりするシーンから入るので、描きやすいんですよね」

「処女」という言葉の響きが持つ、うぶなイメージをことごとく覆す、森田さんの作品たち。さらに森田さんは、そんなイメージ上の「処女」とは異なる、リアルな処女像について話してくれた。

◆純潔なんかじゃない!

「男性がイメージする処女って、“かわいくてナンボ”ですよね。実際の処女は男性が考えているほど清くないですから! 『誰のものにもなりたくないの☆』みたいに思ってる処女なんていないと思うし(笑)。でも、思春期の頃から、男性をどこか『苦手な存在』として見てきたのは確か。そのくせ、こんな私の“内面”を好きになってくれる、“非の打ち所のない”イケメンがどこかにいるはず、と思っちゃってるんですよね」

◆イケメンが苦手!

「とはいえ、実際に頭もいい、顔もいい、高スペックな男性を前にすると、とたんに自分のなかの“中2くん”が目覚めてしまって(笑)『コイツには勝てない……』と、なぜか同じ男性目線で“敗北感”を覚え、卑屈になってしまう。こうなると、いくらイケメンでも恋愛対象に見ることすらできなくなってしまうんです」

◆童貞は嫌い!

「じゃあ、同じく童貞の人ならいいかというと……童貞に初めてを捧げるのは避けたい、と思ってしまいます。いい年して童貞なんて、絶対どこか問題があるに違いない!って、自分のことを棚上げして思っちゃう。似たもの同士、同族嫌悪なんでしょうね」

◆「好みのタイプ」と言われても警戒!

「何度か婚活パーティに行ったことがあります。そこで一度、適当に書いた番号の男性とカップリングしてしまったことがあって……。相手の男性は、2人になってすぐに『好みのタイプだ』『結婚したい』とぐいぐい攻めてきたんですが、『タイプって言いさえすれば、喜んで付き合うと思ってるの!?』と警戒してしまった」

 かように、「処女の頭の中」を赤裸々に、かつ冷静に分析する森田さん。「今後の目標は?」と尋ねると、次のような答えが返ってきた。

「うーん……今までは『彼氏が欲しいな』と思っていたけど、この本を出版して、処女ネタを捨てるのももったいない気がしています(笑)。これからは、もっと同志の話を聞く機会がほしい。アラサー処女ひとりひとりの声を一同に集めて、阿鼻叫喚の地獄絵図を描きたいですね(笑)」

地獄絵図!? 見てみたいような、見たくないような……。 <取材・文/さかあがり>

30才、処女なのにエロ漫画描いてます。

アラサー処女の生活!

最強ダイエット食材・ブロッコリーが “食事の主役” になる時代!? AKB48峯岸みなみも食べてスリムに

ブロッコリー
 いま、手軽に食べられるダイエット食材としてブロッコリーが注目を集めている。きっかけは、先日のAKB48総選挙で2連覇を達成した指原莉乃が1月、プライ…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中