女のコの盾になる!モテるデブの最強理論

太め=恋愛対象じゃないなんて誰が言った!? コンプレックスを武器に、ぽっちゃりを生かしてモテるテクニックを探る。ポジティブぽっちゃり、万歳!

◆デブ学を駆使し自分のスタンスを分析&確立する
コンドルズ ぎたろー氏(30歳)

ぎたろーさん

服は米国インポート物で、オシャレなぽっちゃりのコンドルズ内先輩のお下がり。「畑の違うぽっちゃりの友達は大事ですよ」

 ダンスカンパニー・コンドルズ所属の俳優・ぎたろーさんは、BMI値が小学生以来ずっと30以上(25以上で肥満)という生粋のぽっちゃり、というかデブ。しかし「デブであることを前向きに捉えるタイプだった」とのこと。

「高校時代の初カラオケで、歌うのが苦手で、どうやってごまかそうかと考え、本気でKinKi Kidsになりきって歌って踊ったら大ウケした……という体験は転機でしたね。『デブのわりに動ける』『デブだからよく食う』とも言われていたし、デブのイメージをうまく使うと人に喜ばれることがわかってきたんです」

 そして「デブは当たっても簡単には砕けない」「フラレたらデブのせいにすればいい」と女のコにも果敢にアタックを続け、大学時代に彼女もできた。その彼女に「今の体形がいいよ」と肯定されたことで、「このまま生きていてもいいんだな」と思うように。

「大学では『デブ学』と称してデブの研究もしました。『いざというとき女のコの盾になれる』『冬に一緒にいると温かい』『残り物を食べてあげると喜ばれる』など、いいところがたくさんあるんです。明るいデブ、暗いデブ、動けるデブ、動けないデブ……これをチャート化して。いろんなデブが世の中にはいますが、『不要なデブは一人もいない』と確信できました」

 では、モテに繋げる秘訣は?

「自分をパンダやリラックマみたいな存在と思い込み、あまり男を出さないことですかね。『お腹触らせて』とか女のコに触られる機会があっても、いやらしさを出したらダメ。デブだからこそ誠実であることは大事です。『おいしい店を教えて、連れてって』と言われる機会も多いですが、僕はすぐに調べて返事をするようにしています」

 とはいっても、その生活に苦労や失敗はつきものだという。

「自転車はすぐパンクするし、股ずれでジーパンの股間が破けたりするし、何より食費がかかる。そんな失敗談はネタになりますが、やっぱりツラいことは多いです。でも、デブで生きていく決意があるなら、その特徴をモテにも仕事にも生かす努力をすべきです。僕なんて痩せたらパフォーマンスの仕事もなくなり、本当に生きていけなくなるはずですから(笑)」

【格言】ぽっちゃりは当たってもそう簡単には砕けない

※ぎたろーさんが所属するコンドルズの最新情報は、「コンドルズ独立機動舞踊部隊・暁-AKATZKI-」公演12/22・23セッションハウス。「人形劇軍団コンど~るズ第四回公演Tour2013」 京都公演1/12・13、東京公演1/19

― 新事実![ぽっちゃり男]はモテる!!【2】 ―

極道めし

ぎたろー氏も出演、心温まる刑務所ファンタジー

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中