「脱衣麻雀が教えてくれたこと」爆乳プロデューサー・高木謙一郎

― にゅうにゅう高木の「炎のリビドー」 ―

【第1ぱい目】「脱衣麻雀が教えてくれたこと」

にゅうにゅう高木氏

『閃乱カグラ』シリーズの”爆乳プロデューサー”にゅうにゅう高木氏

 漢には人生において越えるべき大きなお山が2つあるのです。

 それはとても柔らかくて包み込まれるような優しさを持ちつつ、時に登頂を許されない厳しさを持つ永遠のロマン「おっぱい」。

 初めましての方もそうでない方もこんにちは、にゅうにゅう高木です。「規制のある最大限のエロこそ本物」という主張の元、テレビゲームを日夜作っております。

 初回ですので、簡単に自己紹介しておきますと、1976年大都会岡山生まれのゲーム大好き36歳♂、物心ついて買い始めた週刊少年ジャンプは170円、コロコロよりボンボンを好む事で多数派に背を向け、毎日ファミコンを持っている友達の家をハシゴする小学生、ビーバップとBOOWYとXに憧れる中学生でスーパーファミコン、ストIIやネオジオから始まる格闘ゲームブームと共にゲーセンで過ごした高校時代、大学進学で一人暮らしと共に手に入れた自由にゲームできる毎日、バブル崩壊と共に訪れる就職難……。まぁ皆さん同様に色々とありましたが、なんとか自分の好きなことを仕事にして生きてます。

 と、一見キレイに纏めそうになったものの仕事をして入ってきたお金は全部、ゲームやマンガ、オモチャに使うので我が部屋はモノで溢れて、作り手の怨念の産物に包まれてます。この止めどない物欲とリビドーがきっと生命力、何かを生み出す力になってると信じ込んでいる男です。

⇒【写真】高木氏の自宅!
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=440089


高木氏の自宅

これが自宅だ!

 自分が死ぬときにきっと気になってしょうがないのは「あぁ……あの来月発売される新作ゲーム遊びたかったなぁ。」だと容易に想像が付くのです。

 わたくし、モノ作りをする一人として「爆乳プロデューサー」という胡散臭い役職名を2008年ぐらいから勝手に名乗っています。爆乳プロデューサーってどんな仕事?って良く聞かれますが、ある事を探しているんです。社会の性感帯を。それはなんて説明していいのか難しいのですが、自分たちが作ったモノや発言で世間が少しだけでもザワッとピクンッとするポイントを探しているんです。

 最終的には地球を濡らして自転が逆方向になるくらいの刺激を届けたいと割と本気で思っています。

 そんなこんなで、この連載では、同年代の方々を中心に面白かった懐かしのゲームや今直面する現実などを様々に紹介しながら、なぜこのような男が出来上がってしまったのかを語っていければと思います。

◆Superリアル麻雀 part3

 さて、我が家では小学5年生ぐらい(1987年)ぐらいまでファミコン禁止でした。

 最初に書いたように、ファミコンやPCエンジンを持っている友達の家を徒歩で訪問しまわるのですが、携帯も無い時代なのでアポ無し突撃となることも多く、非常に効率が悪い。理解のある友達のお母さんだと自分の子供がいなくても「ファミコンしていきなさい」なんて言ってくれて菩薩に見えたものです。確実にゲームしたい、テレビゲームが出来ない日とか耐えられない少年が自然と行き着いた先はゲームセンター。そこはお金さえあればゲームが出来る場所。

「Superリアル麻雀 part3」

「Superリアル麻雀 part3」

 そこは小学生にとっては今時のアミューズメントセンターでは味わえない刺激と危険、エロもバイオレンスも溢れまくる場所。あるデパートで出会った1作「Superリアル麻雀 part3」は高木少年の心に強く突き刺さったのです。

 脱衣麻雀。これは性が目覚めます。見たい、脱衣が見たい、下着が見たい、裸が見たい。しかしそんな当時の地元のゲームセンターではまだまだテーブル筐体が主流だったので画面への蛍光灯の光の反射を防ぐカバーが置いてあってプレイ中の画面がよく見えない。麻雀なんて出来ないから人のプレイを盗み見るしかない、でも恥ずかしい、そんな堂々とギャラリーにもなれない、チラチラと他のゲームを探しているフリをしながら、誰かが勝つのをひたすら待ってカバーの隙間から覗き見る。「盗み見る」行為と「覗き見る」行為のコンボで既に背徳感と興奮MAX! YouTubuもニコニコ動画もないから自分の目に焼き付けるしかないと集中力と記憶力UP! しかし、なかなか美少女達は強い。脱いだかと思えば、また着てしまう。そして容赦も無いようだ。おっぱいが見れない……。

 その衝撃の出会いからゲーセンに行くたびにアドバタイズ画面の未来のパンチラを拝む少年の姿がそこにあった。あまりにも何度も見続けたために、パンチラまでのループ時間を体が覚えて自然にその筐体の前に周回してくる程にだ。

 その後、麻雀を勉強し挑んだが結果は燦々たるもの。それは20数年経った今でも変わらない。

「勝っちゃったぁ」

 彼女たちは容易に得られたエロに価値など無いと教えてくれた。

 リビドーが鳴り響く。ジクンジクンと生命を繋ぐ。

 では、また次回をお楽しみに。

【高木謙一郎氏】
1976年生まれ。株式会社マーベラスAQL所属のゲームクリエイター。おっぱいが大きな女のコが出てくるゲームでは“爆乳プロデューサー”を名乗っている。代表作は、『閃乱カグラ』シリーズのほか、『一騎当千』ゲームシリーズ『勇者30』シリーズなど

閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明- (通常版)

ちょっとセクシーな爽快アクション

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中