35歳を過ぎれば熟女!? 過熱する美熟女ブームの新基準

今、過熱する美熟女ブーム。その中身を吟味すると、従来の熟女とはだいぶ異なる実態が浮かび上がってきた!

◆読者&識者取材で判明した「美熟女の新基準」

美熟女 オンナは何歳から熟女と呼ばれるのだろうか? 熟女好き芸人のイメージもあってか40代、いや50代からなんて声が聞こえてきそうだが、街の声はもっと現実的。「35歳を過ぎれば熟女の仲間入り」というのが昨今の相場のようだ。

 それを如実に表したのが、下記のランキングである()。首都圏に住む30~40代男性200人を対象に、「好きな美熟女タレントは誰か?」を聞いてみたところ、実に上位20人中7人が40歳以下。40代後半は1人しかランクインしていない。世の男性諸氏は、熟女か否かを分けるボーダーラインを35歳で区切っているようなのである。

※【ランキング】好きな&SEXしたしい美熟女タレント
⇒http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=454202


 そんなランキング結果で目立つのが、菅野美穂(35)、吉瀬美智子(38)、永作博美(42)の躍進ぶりだ。「好きな美熟女タレント」でトップ3にランクインし、「SEXしたい美熟女タレント」でも揃って上位に食い込んだこの“美熟女ビッグ3”には、「キレイじゃなくて、かわいいという形容詞がぴったりハマる菅野美穂は最高」(38歳・メーカー営業)

「吉瀬美智子のように、ショートカットで色気を感じさせるのが本物の美人。知性・品性も備えており、まさに熟れたオンナ。パーフェクト!」(38歳・情報通信)

「永作博美は40を超えているとは思えないルックス。親しみやすい癒しキャラかと思えば、しっかりエロい。性の対象になるところが美熟女ですね」(43歳・公務員)

 と、熱い支持が多数寄せられた。

 一方、「SEXしたい美熟女タレント」は誰かを聞いたところ、菅野美穂を抑えてトップに立ったのが高岡早紀。映画『モンスター』で披露したフルヌードが話題になった彼女の色気は加齢とともにグングン増しているようで、

「豊潤な体、妖艶なうなじが醸し出すセクシーさは、熟女ならではの色気がある」(37歳・旅行会社事務)

 と評価は極めて高い。3位にランクインした米倉涼子も高岡同様、色気の増加を指摘する声は多い。

 菅野美穂や永作博美のような年齢を感じさせない“かわいさ”か、高岡早紀や米倉涼子が持つ突出した“セクシーさ”か、はたまた吉瀬美智子のような“品格”か。男が美熟女とジャッジする新基準はこの3つにあるように思える。ただ、いずれも主軸はアラフォー女性。熟女の低年齢化は確実に進んでおり、これからの芸能界は黒木瞳や加賀まりこなど「ガチの熟女」には住みづらくなるのかもしれない。

美熟女― OVER35 美熟女たちの艶っぽい生態【1】 ―

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中