ポエム化したマンション広告のキャッチコピーに困惑

マンション広告のキャッチコピーからラーメン屋の社訓(?)まで、最近目につくポエム的フレーズ。やたら大げさすぎたりして、何が言いたいのかわからなくなってる例も多数あり。そんな巷にあふれるポエム化現象を徹底リサーチ。いや、マジで意味不明っス……。

◆マンション編

マンション 新築分譲マンションのチラシやパンフレットの謳い文句。高級感や環境、利便性をアピールしたいのはわかるけど、勢い余って妙なポエムみたいになっちゃってる。

「異彩を放つ『華』景色の遊びに、選ばれし至福の抱擁」(レーベン北千住ルミレイズタワー)なんて、まるでビジュアル系バンドの歌詞のようである。

 一見うまいこと言ってるようで、よく考えたら意味不明なのが、「地の必然。飾るのではなく装う、というスタイル」(クリオ文京音羽)、「モダンでありながらクラシックな佇まい」(吉祥寺シンフォニア)みたいなパターン。「ナチュラルを、もっと、エレガントに。エレガントを、もっとナチュラルに。創りたかったのは、NaturalとElegantの間にある邸宅」(アデニウム鵜の木)って、どんな邸宅だ?

 立地のよさを誇る物件も、その表現は一筋縄じゃいかない。六本木からも近い高級住宅地の物件が「華やかな賑わいを享受しながらも風格さえ醸し出す静謐な邸宅地」(パークナード元麻布)と言えば、新宿まで3駅の物件も「都市の動を嗜み、邸宅地の静にやすらぐ」(ローレルコート笹塚)と豪語。都心から多少離れても、「街がサロンになる、街がパントリーになる。駅前を庭にする暮らしは、いつも私に応えてくれる」(ザ・パークハウス志木グローリオ)と駅近をアピール。でも、「ブランチの後、ふと思いついて、家族で電車で横浜へ。乗り換え無しで好きな街とつながる、この自由さがいいね」って、確かに東武東上線と東横線は直通になったけど、志木から横浜までは結構時間かかりまっせ。

 駅近ってことでは「この場所に出会えたことは、奇跡かも知れない」(エクセレントシティ高砂)って、いくら駅徒歩2分でも奇跡とまで言うか。「“ステーション・アッパー”に本質を創る」(プレサンスロジェ池尻大橋)は、要するに駅上ってことっスね。

 都心への出やすさを謳う物件は多いが、「都心を引き寄せるアクセス」(ザ・パークハウス浦和別所)とは見事な逆転の発想。一方で、掛け値なしの都心にありながら、「ここは都心ではない。イゴコチのいい都心です」(富久クロス)ってのは謙遜なのか自慢なのか。

 自然に恵まれた郊外は、子育てするにはいい環境というわけで、「出会ってhugんで育んで。みんなで幸せ『はぐむ』街」(ウェリス稲毛)なんてダジャレっぽいのがあるかと思えば、「森の‘フィーカ’テラスで、逢いましょう」(パークホームズ稲毛小仲台)とメルヘンチックなフレーズを掲げる物件も。ちなみにフィーカとは、スウェーデン語で「お茶をする」という意味らしい。「北欧の暮らしには欠かせない魔法の言葉です」って、ここは日本なんスけど……。

 極めつきは、タワーマンションの眺望を誇るこのフレーズ。

「天空に舞い踊る星々のトレモロ。人々の営みを物語る地上に散りばめられた灯火のロマネスク。あるいは、早朝のまどろみから朝日に洗われつつ姿を現す都会のエクリチュール」(レーベン北千住ルミレイズタワー)って、もしもし!?

 このマンション、太陽光発電パネルも装備しているのだが、その謳い文句が「宙空に君臨する太陽の幸を極めるために、いま望みうる最上級の住まいへの祈りを受け止めて、このパネルは進化を紡いで降誕した。パネル在るところ、暮らしの花畑に種子を蒔くごとに、光資源を宝飾とする住空間の輝きは家族永劫の絆をも高めていく」

 ……はい、もう降参です!

― [ポエム化する日本](驚)症例報告【1】 ―

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中