【大つけ麺博2013】第2陣は食べごたえ抜群のお店が多数

 10月6日から開催中の「大つけ麺博 日本一決定戦2」。現在は第2陣が開催中だが、すでにリポートした第1陣(http://nikkan-spa.jp/520316)に続き、第2陣の6店舗も実食してきたので、トモMCの独断と偏見で6店舗の味をレポートする。

◆中華蕎麦 とみ田の「八年目の豚骨魚介」
※鶏もも肉炙り(200円)、辛いホルモン煮込み(100円)トッピングを追加

大つけ麺博,FOOD,ウマい!,ラーメン,とみ田

中華蕎麦 とみ田「八年目の豚骨魚介」(鶏もも肉炙り、辛いホルモン煮込みトッピング)

 つけ麺界を牽引する千葉県松戸市にある名店。麺は特製の小麦が使用されており、何も付けずに食べても風味があって美味しい。そこに「これぞ豚骨魚介の神髄」と言っても過言ではないつけ汁に浸して食べると、麺の風味、つけ汁の甘み・旨みが口の中に広がる。一見どこにでもあるような味だが、やはりとみ田の実力は伊達じゃない。つけ麺ファンの期待を裏切らない珠玉の一杯だった。今回、店舗ではだしていない「鶏もも肉炙り」(200円)、「辛いホルモン煮込み」(100円)をトッピング、鶏ももは少しスパイシーな感じで食べごたえ十分、辛いホルモン煮込みの方は、予想していたよりかなり辛かった。

◆麺処蒼生(あおい)の「あおいつけ麺」

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=524187

大つけ麺博,FOOD,ウマい!,ラーメン,麺処蒼生

麺処蒼生「あおいつけ麺」

 群馬県高崎市にあるつけ麺店。まず、驚いたのがその麺の太さ。つけ麺の麺は大概極太だが、これはその上を行く太さだ。だが、麺はしっかりとした腰があり、濃厚ながらしつこさのないつけ汁に浸して食べると、意外にするすると食べられてしまう。トッピングには低温調理された鶏肉が付いており、さっくりとかみ切れるまるで上質なハムのような一品。麺、つけ汁、トッピング。どれもレベルが高く、かなり食べ応えのあるつけ麺だ。

◆博多一幸舎の「一幸舎濃厚豚骨魚介つけ麺」

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=524185

大つけ麺博,FOOD,ウマい!,ラーメン,博多一幸舎

博多一幸舎「一幸舎濃厚豚骨魚介つけ麺」

 大つけ麺博でおなじみの博多一幸舎。「関東の豚骨魚介とは一味違うこの味を大つけ麺博の為だけに仕上げました」と謳われた一品は確かに一味違う。濃厚な豚骨に魚介が入っているのだが、豚骨の風味と旨味がぶわっとくる。さすが、豚骨の名店だ。もちろんこのつけ麺も十分美味しいのだが、せっかくならば本場博多のド豚骨を、つけ麺で味わってみかった。

◆竹本商店☆つけ麺開拓舎の「比内地鶏と海老にぼつけ麺」
※ウニソーストッピング(200円)を追加

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=524183

大つけ麺博,FOOD,ウマい!,ラーメン,竹本商店☆つけ麺開拓舎

竹本商店☆つけ麺開拓舎「比内地鶏と海老にぼつけ麺」

 海老の香り、味がしっかり感じられる“あんかけ風”な濃厚つけ汁は、動物系の甘みも抜群で甲殻類系の香りがブワッと口に広がる。しかも重そうで意外と軽い感じ。麺にかかっているウニソースは、ウニと醤油が合わさった感じで、麺にかかっているとまるでパスタのようで、もうこれだけでも食べられてしまう。ただ、つけ汁と合わせると途端に、うにの風味が薄れてしまうので、上手くローテーションさせながら味わおう。

◆麺屋 白神の「肉盛り生姜味噌」

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=524186

大つけ麺博,FOOD,ウマい!,ラーメン,麺屋 白神

麺屋 白神の「肉盛り生姜味噌」

 麺の上に大量の豚しょうが焼きが乗っていて、正直、麺より白いご飯が欲しくなる味だ。つけ汁の方は、ドロドロで濃厚な味噌にしょうがが効いている。豚しょうが焼きとドロドロの味噌つけ汁のコンビは、単品だといいのだが、これが二つ合わさるとボリュームは凄いが、少々濃厚過ぎる味わいかも……。

◆ラーメンJACKSON’Sの「きゃに~かにゅかにゅ☆濃厚カニつけ麺」
※かに玉盛り(400円)をトッピングを追加

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=524182

大つけ麺博,FOOD,ウマい!,ラーメン,ラーメンJACKSON'S

ラーメンJACKSON’S「きゃに~かにゅかにゅ☆濃厚カニつけ麺」

 名前からして奇抜な感じがするが、名前とは違い至って真面目に作られている。つけ汁は蟹と豚骨が合わさって、まるで濃厚な魚介洋風スープのようだ。せっかく蟹をアピールしていたので少々値が張るが、蟹の足を追加してみた、もちろん言うまでもなく美味しい。ちなみにトッピングをしないと蟹の足はついていないのであしからず。

 以上、第2陣の6店舗のなかからトモMCが、独断と偏見でオススメするお店は

●中華蕎麦 とみ田の「八年目の豚骨魚介」
●麺処蒼生(あおい)の「あおいつけ麺」


 の2店だ。どちらも王道の豚骨魚介つけ麺だが、つけ汁・麺・具ともにとてもレベルが高いと個人的には感じた。つけ麺好きはもちろん、普段あまりつけ麺を食べない人でも十分に楽しむことのできる味だ。

 また、第2陣の店舗は全体的に食べ応えがあるお店が多いので、うんとお腹を空かせて行くべし! <取材・文/トモMC>

●大つけ麺博 日本一決定戦2
http://dai-tsukemen-haku.com/

日時:11月6日まで絶賛開催中
営業時間:午前11時~午後9時
※店舗入れ替え日の、10月23日、10月30日は午後3時まで

会場:新宿歌舞伎町 特設会場(大久保公園)
【第2陣】10月17日~10月23日
【第3陣】10月24日~10月30日
【第4陣】10月31日~11月6日
【第1陣】は既に終了

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中