下流自動車評論家、過払い金返還で新車を買う

過払金とは文字どおり払いすぎたお金のこと。弁護士や司法書士のCMでやっているアレのことです。今回は自動車評論家史上初(?)、過払い金返還を受け、それを元手に新車を購入した、あの男の話です。彼が借金地獄に耐え過払い金をゲット。新車購入までの経緯を、スバルの新車レヴォーグ(プロトタイプ)とともに披露します!

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆下流自動車評論家がツラい借金地獄に耐えられたのもスバル車のおかげ!

スバルМJ:マリオよ。20年ぶりに新車のスバル車を買ったそうだな。

マリオ:はっ! インプレッサの一番安い6速MT車であります! 昨年暮れ、消費者金融への過払い金が230万円あることが判明し、弁護士費用を差し引いて180万円ほど戻って参りましたので!

МJ:消費者金融の過払い返還金で新車を買った自動車評論家は、オマエが史上初めてだな。

マリオ:その点は間違いないと思います!

МJ:事の経緯を説明せよ。

マリオ:自分は細かいことはすべて忘れましたが、弁護士さんによりますと、自分が最初に消費者金融からお金を借りたのは、今から20年前とのことであります!

МJ:最初はいくら借りたのだ。

マリオ:最初は5万~6万円でしたが、間もなく限度額の50万円に達したようであります!

マリオ:ダメ人間特有の成り行きだな。その後は?

МJ:自己破産経験者の姉の勧めにより、ほかの消費者金融から借り始めました。こちらもほどなく限度額の50万円に達し、さらに1社追加。合計130万円借り入れました。その後はひたすら返済の日々を過ごしましたが、元金はまったく減りませんでした!

МJ:なぜだ?

マリオ:月に2万円返済すると、すぐに1万円追加で借りられるからであります!

МJ:常に借り入れ限度額いっぱいをキープしてきたわけだな。

マリオ:はっ! 3社合計6万円返済して、すぐに3万円借りるのであります。そのためには、毎月いったん現金で6万円用意しなければならず、血の滲むような思いでありました!

МJ:よく耐えたな。

マリオ:すべてスバル車のおかげであります。愛車の初代インプレッサだけは死守すべく、あらゆるバイト、自動車工場の期間工などで働きました。車検の際など、愛車を手放せばどんなに楽かと思いましたが、そこは自分の絶対防衛圏、それをやったら終わりだという漠然とした思いがありました!

МJ:そこまでして貧困に耐えつつ愛車を守り、返済を続けた結果、今日の過払い金ゲット・新車購入という大勝利を得たわけか。

マリオ:自己破産や懲役を敗北と考えれば、確かに勝利であります!

⇒【後編】『レヴォーグは凄まじくいいスバル車!』に続く
http://nikkan-spa.jp/599532


【レヴォーグ】
国内専用モデル。スバルは“25年目のフルモデルチェンジ”という言い方をしているが、ひと昔前のレガシィサイズの新型車です。ミッションはCVTのみでMTの設定はなし。ワゴンのみでセダンはありません

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=599540

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中