増税決定の軽自動車税。車両価格100万円未満は据え置きでもいいのでは?

日本のいや世界の自動車業界の重鎮であるスズキ自動車の会長兼社長の鈴木修氏は、歯に衣着せぬ言動で自動車業界のみならず、日本の政治・経済にも大きな影響力を持つ御仁です。かつて会長は「アメリカのGMが鯨なら、うちは蚊だ」とおっしゃいましたが、今回は会長から見ればミジンコみたいなワタクシが、昨今の軽自動車について愚見を述べさせていただきます!

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

ハスラー

鈴木会長のお力で、軽自動車はこんなにも立派になりました。「獅子の子落とし」ということわざもございます。可愛い子には試練が必要ではないでしょうか

◆鈴木修会長!海よりも広い心で軽自動車税増税を受け入れてください【後編】

⇒【前編】『会長の毒舌炸裂!スズキ・ハスラーは軽のハマー』はコチラ

 ハスラーとアルトECOの2台を乗り比べてみると、どっちも普段のゲタとしちゃ十分。目線の高さが違うくらいで、走りそのものはソックリでした。そりゃそうだ、エンジンやミッションが同じで、重さも大差ないんだから。つまり違うのはデザインと値段だけ。値段は主に装備で差がつくわけですね。

 さすが鈴木修会長、スバラシイ! こんなゴージャスそうなクルマにも、貧乏人の車と大差ないダイエットをさせていたとは! その血の滲むような努力、改めて頭が下がります。鈴木会長バンザーイ!

 しかしまあ、本来「貧乏人の必要最低限の足」だったはずの軽自動車がですね、ここまで良くなっちゃって、それで税金がこうブッチギリでバカ安じゃ、貧乏人どころか国民の大部分が軽に乗る日も近いわけでして、日本市場はますますガラパゴス化。貿易摩擦は激化し、税収が減る地方自治財政も立ち行かんのです。

 鈴木修会長様、ここはひとつ海より広い心をもって、軽自動車への増税を、笑って受け入れてくださいませんか!? それでも普通車の3分の1以下なんですから。以上、安倍総理に成り代わってお願いしました!

【結論】
真の貧乏人の車は、やっぱり値段が安いクルマ。1年後の軽自動車税値上げ(新車のみ年7200円から1万800円へ)の際は、「車両価格100万円未満なら据え置き」でも、よろしいかと思いますがいかがでしょう

 

ハッシュタグ




おすすめ記事