にわかキャバ嬢たちが怯える繁華街都市伝説

 アベノミクス景気によって持ち直した感もある夜の街。4月に入り、新人キャストがキャバクラなどに続々と入店し、にわかに活気づく季節でもあるが、そんな新人嬢の間で、妙な噂が広まっているという。新宿歌舞伎町で黒服スタッフとして働く男はこう話す。

キャバ嬢, 歌舞伎町, 犯罪

上客が豹変。ホテルに連れ込まれ、レイプされるキャバ嬢が続出!?

「店の女のコから聞いたんですが、いま都内の繁華街で働くキャバ嬢を狙う“レイプ男”が出没するんだとか。その男がターゲットにするのは、キャバ嬢歴の短い女性か、それとも上京したての無知な女。そうしたキャバ嬢が席に着くまで店に通い続け、カモとなる女性が着いたら指名を入れ、上客を演じて急接近するそうです」

 夜の仕事を始めて日が浅く、指名も少ないキャバ嬢は「こんなに何回も来てくれて、プレゼントもしてくれるいい人」だと思うわけだ。そして、アフターをOKしてホテルに行くまではよかったのだが……。前出の黒服スタッフが続ける。

「アフターでの食事の際に睡眠薬を盛られ、朦朧とする意識のなか、ホテルへ。そこには数人の男が待ち構えていて、レイプされるそうです。そのときに、シャブ(覚せい剤)を打たれ、薬漬けにされることも。女のコは、そこでシャブにハマるか、あまりの恐怖に被害届も出さずに、夜の街を去るそうです」

 このレイプ集団の中には、現役ホストも在籍。色恋営業で掴まえたキャバ嬢を自分の部屋に連れ込み、ほかメンバーで輪姦してしまうこともあるのだとか。

「こうした噂は、昔から業界にはあるんですが、決まって噂が立つのは新人キャストが大量入店する4月と、夏休みを利用した女子大生キャバ嬢が増える8月。おそらくその時期を活動時期と定めたレイプ集団は存在するんでしょうね。ケツ持ちの存在しない今、店側としても対処のしようはありません」

 キャバ嬢を狙った完全な愉快犯。素人キャバ嬢が隆盛を誇る昨今、彼らのエジキにならないことを切に願う。 <取材・文・撮影/日刊SPA!取材班>

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中