注目度はカウンタック並み!スーパーカー級の加速テスラ・モデルS

今、話題のEV(電気自動車)といえばBMW i3。日産リーフや三菱i‐MiEVを擁する、わが国に送り込まれた欧州からの刺客ですが、一方で米国からも黒船が襲来中。それが今回乗ったテスラ・モデルSです。EVといえば、ハイブリッドカー同様に日本がリードしているとばかり思ってましたが、猛烈な敗北感を覚えました

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=641798

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆テスラ・モデルSの戦略は織田信長。これが現状のEVの正解だと感じました

テスラ・モデルS ケータイと同じパターンだ。リードしていたはずのEVで、ニッポンは負けた! いつの間にかインターフェイスの差で逆転され、そのまま差が広がるばかり。EVもこのパターンにはまっちまった。テスラ・モデルSは、ガラケーに対するスマホそのものだ。

 これを知ったらもう、日産リーフや三菱i‐MiEVなんか、石器時代のEVに思えて乗る気がしない。技術は同じでも、インターフェイスが違いすぎる!

 テスラ・モデルSの何が凄いかといって、一番凄いのは、インパネに巨大なiPadが貼り付いていることじゃなかろうか? いや別にiPadじゃないんですけど、縦長長方形の形がそう見えるので。サイズは17インチ。iPadが9.7インチだから、面積は約3倍だ。

 ほとんどの操作はこの17インチタッチスクリーンでやる。その時点で、クルマというよりスマホでしょ? 私は運転中、カメラマンに「ヘッドライトを点けろ」と指示されて、操作がわかりませんでした。レバーの先をカチカチ回したりするんじゃなく、タッチスクリーンでやるんだよね。通常は「AUTO」に設定されているので、暗くなったら勝手に点くんだけど。

 このスクリーンいっぱいにナビ画面を表示することもできる。グーグルマップだけど。タダのものは目いっぱい使うというこの考え方、自動車メーカーのものじゃない! ホンダなんかトラフィックデータのシステムまで自前で整備したのに!

 クルマそのものも、自動車というよりiPadに近い。どこにも機械の部分が見えない! 前も後ろもハッチの下には機械類がなにもない。モーターやバッテリーの出っ張りも皆無。iPadに機械の部分が感じられないように!

 鍵穴もない。鍵を持った人間が近づくだけで、ボディに埋め込まれたドアノブがせり出してくるし、電源ONのボタンもない。「ON・OFF」という考え方そのものを省略している!

 そして、航続距離は最大502km。これだけ走れば電欠の心配はまずない。家で充電すればいいから、出先で充電ステーションを探す必要もない。つまりインフラの充実を待たなくていい。スマホはバッテリーの持ちが悪いけど、これに関しては逆ですな。

 乗っていて漂うのは、「俺はエリートだ!」という強烈な優越感だった。スーパーカー級の加速で突っ走れて、注目度の高さもカウンタック並み。めんどくさいこともない。もうね、環境ウンヌンなんてどうでもいいのよ! これはエリートのクルマ! それが最大の魅力!

⇒【後編】に続く http://nikkan-spa.jp/633083

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中