燃費対決ドライブ【2リッター直噴ターボ vs 5リッターV8】の結果は?

昔の人なら神戸といえば小林旭の『昔の名前で出ています』をイメージするかもしれませんが、イマドキ神戸といえば、“ゆづるきゅん”こと羽生結弦選手の聖地であります。消費増税は、ゆづるきゅんの金メダルで乗り切れる! そのように弓弦羽神社に祈願したいということで東京から往復1000km超。弾丸ツアーで行ってきました!!

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

XC60,マスタングV8G

撮影のときは寒いのを我慢して全開に! 空力的に厳しいSUVも5リッターV8エンジン搭載のアメ車も、十分燃費がいいってことがわかり

◆神戸へクルマで日帰りして結弦クンの聖地にお参りしました【後編】

⇒【前編】はコチラ

 ボルボXC60は、最新の“ぶつからないクルマ”なので、前車をレーダーで感知して追従する、レーダークルーズコントロールを装備している。時速100kmに設定してゆるゆる流せば、アクセルもブレーキもほぼ踏む必要ナシ。ハンドルを操作するだけで夢のように快適に走る。1年後に新東名の未開通区間(引佐‐豊田東間)が開通すれば、西へのドライブはさらに快適になる。スバラシイじゃないか。平均燃費計はリッター15kmのあたりを指している。

 対するマスタングV8は、寒いので幌を閉めて走る。時速100kmでの巡航時、エンジンは小声で「ドルルルル~」とささやくのみ。レーダークルーズコントロールはついてないが、こっちも快適だ。

 途中SAに2回寄って朝飯と昼飯を食べる。日本のSAは本当にスバラシイ! 朝のカレー、昼の鰻丼ともに失神するほどうまい。日本のSAは世界一、金メダルだ。世界20か国の高速道路を走っている私が言うんだから間違いない。これで制限速度がもうちょい高けりゃ昇天だ。世界基準は時速120~130km。ご検討ください。

弓弦羽神社

弓弦羽神社には、ゆづるきゅんを応戦する絵馬や金メダルを祝う絵馬がギッシリ。ゆづるきゅんが実際に書いた絵馬は、宮司さんが社務所で大切に保管していましたが、お願いすれば見せてくれました。ありがたや~

 このように快適に走って無事、弓弦羽神社に到着。宮司さんにゆづるきゅんの書いた絵馬も見せてもらえました。涙が出ました。

 燃費は、XC60がリッター14.5km、マスタングが11.6kmだった。ボルボのこの数字、SUVの高速巡航としてはスバラシイ。レクサスRXハイブリッドだってリッター13kmくらいしかいかない。ボルボがトヨタのハイブリッドに勝った!

 が、もっと驚くべきは5リッターV8のマスタングが、リッター11km以上走ったことだろう。大排気量のアメ車も、こういう高速巡航ならかなり伸びる。トヨタのハイブリッドSUVは、アメ車に負けないように気を付けてもらいたい。

【結論】
神戸日帰りドライブは合計15時間かかりました。帰路は新名神土山SAで近江牛スタミナ丼をいただき、うますぎて失神でした。ロングドライブは楽しいです。休日5割引き(今年6月いっぱい)があるうちにどうぞ

【ボルボXC60・プレス対抗燃費テスト】
東京―神戸間を往路と復路に分かれて、合計12媒体で対決した「VOLVO NEW-DRIVE-E POWERTRAIN ECO DRIVE CHALLENGE 2014」は、『CAR GRAPHIC』がリッター17.6kmで優勝。SPA!チームは10位でした。ガックリ……

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com




おすすめ記事