カナダ在住・天才日本人少年の進学先が決定!頭脳の秘密は「早く寝る」こと

 6月に日刊SPA!が報じた14歳の天才少年・大川翔くんを覚えているだろうか。「14歳の天才・日本人少年をカナダのトップ大学が奨学金付きで獲得合戦」(http://nikkan-spa.jp/651499)

14歳の天才少年・大川翔くん※http://www.mapleridgenews.com/eeditions/?iid=i20140425070507891

 9歳で「天才児登録」され、14歳でカナダのトップ大学5校に奨学金付き合格を果たした大川翔くん。

 最高峰の大学が「ぜひ、わが校に!」と奨学金を上乗せして争奪戦を繰り広げており、その去就が注目されている。

 先日、無事に高校の卒業式を終えた翔くんだが、「卒業ダンスパーティ(プロム)の相手がいなくてどうしよう」という14歳の少年らしい悩みが現地のニュースでも話題となり、カナダのテレビ局が「パートナーが見つかった」と、続報まで放送したという。

 というわけで、日刊SPA!取材班は再び大川翔君を直撃してみた。

「実は、ニュースを見た女のコが立候補してくれて、助かりました……。チアリーダーをしてる、ダンスのうまい元気なコです。僕と同じ14歳なんですが、プロムは、同学年でなきゃいけないというわけではなかったようです。本来は男のほうから誘わなければいけないのですが、その点、僕はまだヘタレですね

 卒業式を終えて、懸案だったプロムもなんとかこなせたという。

「僕のまわりには日本人がいません。だから僕のイメージがすなわち日本人のイメージになってしまいます。そういう意味で、責任重大だと思っていました。無事高校も卒業できましたし、日本の代表としての責務を果たせて、ほっとしています

14歳の天才少年・大川翔くん

卒業式を終えて、高校の校長先生と

 気になる大学の進学先だが……。

UBCサイエンス(ブリティッシュコロンビア大学サイエンス学部)」に決めました。選んだ理由は、素晴らしい教授陣が揃っているからです。それと、ヘルスサイエンスの分野に進もうと考えているんですが、UBCサイエンスはこの分野では、タイムスの世界ランキングでカナダ・トップの大学なんです」

 ちなみに同大学は翔くんに3万ドルの返済不要の奨学金と、リサーチアシスタントとして給与付きの仕事も提供するという。

 前回の記事が出て、翔くんのことが日本のテレビでも話題になっているが?

「反響を聞いて、少しびっくりしています。アニメやライトノベルの主人公のようだとか、完璧超人とか、みなさんの応援にはとても励まされますし、光栄に思います。ただ、僕のような人は日本にたくさんいると思います。飛び級だとかギフティッド(天才児登録)の制度がないので、表に出てこないだけだと思います。その点、僕は運が良かっただけです」

 12歳の時に、日本で渋谷幕張中学の帰国生枠を受験し、合格したという翔くん。だが、日本に戻らず、カナダで飛び級して高校生活を送ることを選んだ。

「渋幕に合格した後、家族会議で話し合いました。飛び級のメリット・デメリットは理解しているつもりです。もちろん、渋幕に通っていたら、楽しい学園生活を送れたんじゃないかって、想像することはあります。でも結局、僕は早く大学へ行く道を選びました。理由は、失敗しても良いから、チャレンジしようと思ったからです

 5歳の時に日本からカナダに引っ越して、現地の教育を受けてきた彼だが、気になるのは両親の教育法だ。どうしたらこんな優秀な子が育つのだろう。

「両親は、日本人で日本国籍です。僕の母さんは弁護士で、日本の大学で法律を教えていたことがあります。ロースクールができる前の、司法試験が超難関だったころの話です。僕の父さんいわく、“母さんこそが現実の『ドラゴン桜』*”なんだそうです」(*三田紀房氏による漫画作品。落ちこぼれの生徒たちが、東大に合格する話)。

 母親が「ドラゴン桜」とは、どういう意味なのか?

「ある大学から、3年以内に司法試験の合格者を出してほしいと依頼を受けたそうです。その大学は創立以来、法学部があっても、司法試験の合格者はいない大学。常識で考えると普通、それは無理でしょうという話でした。でも母さんは引き受けてしまった。でもってなんと、合格者を出してしまった。それも現役合格。大学に問い合わせが殺到したらしいです。現在はロースクール制度になり、以前のような超難関試験ではなくなったので、この話は伝説としてしか残っていないと聞いています。

 そういうわけで、父さんからは、『そんなドラゴン桜が、お前の勉強の面倒をみるんだ。だから、よく母さんの言うことを聞いて、教えを守るこった』と言われています」

 その教えとは、いったいどういうものなのだろう?

一番よく言われるのは『早く、寝ろ』です。勉強していても、「いつまでも、勉強してないで、早く寝なさい」と言われます。ふつう、勉強していると、親は喜ぶものだと聞いていますが、うちの場合は、ちょっと変わっているのかもしれません(笑)

 そんな大川翔くんの書籍が8月に扶桑社より発売される。5歳で英語がまったく話せない状態でカナダに来て、14歳で大学合格するまでの勉強法を執筆した初の著書だ。また、“リアル・ドラゴン桜”の母親が、大川家の独特な教育法についても解説している。

 タイトルのザ・ギフティッドは日本語では「天才児」と訳されるが、キリスト教の背景がある欧米では「神から与えられた贈り物」という由縁から、「与えられた才能を社会に還元せよ」という意味も含んでいるのだという。

 将来の夢は「ガンや糖尿病やアルツハイマーなど、現在治療が難しい病気の治療法発見に携われたら、すごくうれしい」と語る翔くん。世界に誇れる14歳がどのようにして育まれたのか、ぜひ本書から読み取ってほしい。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

※8月上旬発売予定『ザ・ギフティッド 14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法』(大川 翔・著 定価1300円+税)

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中