映画『バードマン』は“白ブリーフ”オヤジへの応援歌である

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その65 ―


 今年のアカデミー賞の目玉となり、作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞の4冠を達成した「バードマン」、正式には「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」であるが、これはオヤジに向けた応援歌ではないかと思っている。

バードマン

(C)2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

 作品はすでに見ている。ここで内容やインプレッションを沢山語るつもりはない。言いたいのは「バードマン」と、「バットマン」の相似性である。映画「バードマン」は、昔一世風靡したコミックヒーローで、映画だから架空のキャラクターだ。そしてバードマン役のリーガンが、再起を賭けるドラマだ。そのリーガンに昔「バットマン」で売れて、その後、大したヒットに恵まれてないマイケル・キートンを起用するってどういうこと。まんま虚構の映画とマイケル・キートンの実人生がシンクロしているじゃないか。

「バードマン」と「バットマン」って名前がかなり似てるでしょ。鼻から上だけ隠すマスクも似ている。等身大のヒーローで、空を滑空するのも一緒。だから「バードマン」はマイケル・キートンの起用なしでは成立しなかったのではないか、そう思えて仕方がない。

 そしてふたを開ければ、映画は大成功。マイケルキートンは、奇跡のカムバックを果たしたヒーローとして、称賛の嵐だ。アカデミー賞主演男優賞こそ逃したが、ゴールデングローブ賞を始め、各映画賞の主演男優賞を沢山もらっている。映画を見ていると、リーガンを応援しているんだか、マイケル・キートンを応援しているんだか、わけがわからなくなるところが御愛嬌だ。

 日本公開を目前に控え、パンツ一丁姿しか印象がない映画なので、少しだけネタを提供しよう。まず冒頭シーンで、半裸のリーガンが空中浮遊しながら、瞑想もどきのことをやっていることに面食らう。超能力なのか、あるいは妄想なのか、そこは見ている側の判断に任せよう。ただリーガンの老いた、肉体が痛々しい。昔の栄光を背負いつつ、贅肉だらけの体を見せられる。彼の置かれている状況が手に取るように分かるというものだ。

 話題のパンツ一丁だが、60歳ってアメリカでも白ブリーフ世代だったんだと、お久しブリーフの田代まさしを、なぜか思いだした。その世代って、日本じゃほとんど白ブリーフで育っている。それから色気が出て、一部ブーメランパンツに走るやつもいるが、多くはトランクスへ移行する。けど能天気な輩の一部はすくすくと、白ブリーフで大人になり、そして老いていくのである。ゴルフ場でたまに、見かける白ブリーフじじいって、この映画のヒットにより、トレンドになるのか、それは怪しいな。

 なんでブリーフ姿で街を歩くかだが、それはシアター本番直前にアクシデントが起こるからだ。仕方なくリーガンは、パンツ一丁姿で、楽屋裏から正面入り口まで歩いて入らなければならない。開き直ってパンツ一丁で歩くや、通行人にスマホで撮影され、ネットで公開。SNSも使わないお父さんは古臭いと娘になじられていた矢先、恐ろしいアクセス数を記録し、父親の面目躍如ってところか。

 そしてリーガンの舞台化した作品は、レーモンド・カーヴァーが原作。日本でレーモンド・カーヴァーといえば、村上春樹が訳していることで有名。よく比較される「アメリカンスナイパー」に動員数で負けているバードマン。日本でのバードマンのヒットは、レーモンド・カーヴァー繋がりで、村上春樹ファンの動員という気もするんだが、どうでしょう。

 老体に鞭打って、再起を賭ける白ブリーフおやじがどんだけ共感を得るか。その世代って、あんまり映画見ないからね、そこが問題なんだよなあ。

木村和久

木村和久

●『バードマン』 配給:20世紀フォックス映画
4月10日(金)~TOHOシネマズ シャンテほか 全国ロードショー

■木村和久(きむらかずひさ)■
トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中