元祖「女子高生のぞき部屋」摘発も、類似店急増


 個室に入ると、あぐらをかき、ミラーに向かって一心不乱にカーラーを操る制服姿女子高生が見えた。マジックミラーでこちらは見えないと謳われているが、記者が腰を下ろしたとき、彼女の目線が一瞬上下に動いたのに気づいた。壁を見ると「携帯電話使用禁止」などおびただしいほどの注意書きが貼ってある。「盗撮禁止」と書かれた貼り紙には「東京都の迷惑防止条例違反に問う」という主旨の文言が。またその横には「雑誌社各位」というタイトルで「記者が無断で潜入し、撮影、それを掲載した場合にはただちに法的処置を取らせていただきます」とも大書きしてある。店側がマスコミを相当警戒していることが伺える。

  一方で、マジックミラー越しに見える大部屋はのどかな雰囲気だった。部屋の隅に置かれたテレビからは連ドラの再放送が大音量で流れている。制服姿の女のコたちがうつ伏せで食い入るように画面を見つめて、俳優の演技に足をばたつかせながら嬌声を上げていた。部屋の中には7人、そのうち4人が同じ学校と思われる制服を着ていた。どのコも短いスカートにハイソックス。夏服のセーラー服を着ているコは屈むたびに背中や腹部、はたまた下着が露わになっている。

2000円ほどの「指名料」を払えば、ミラー越しに体育座りをする。どの店もこれを売りにしている。(写真は摘発された「横浜マンボー」



 その横にはマジックミラー向かって体育座りをする女のコが。マジックミラー奥の男と視線を合わせないように、じっと携帯電話見つめているのが印象的だ。するとさっきまでテレビを見ていたコに店員から声がかかる。「26番のコ、3号室ね~」。すると体育座りをしている女のコの真横に移動し、マジックミラーに向かって座る。体育座りで並んだ2人は、鏡の向こうでじっと息をめる男などいないかのように談笑を始めた。

  風俗業界に詳しいライターの高木瑞穂氏はこの”ブーム”についてこう語る。「昨年9月開店した『横浜マンボー』の爆発的な人気を受け、今年の3月頃から類似店が一気に増えました。都内は渋谷をはじめ、秋葉原、水道橋などに飛び火、7店ほどに増えており、今やこの業界は”見学系”とも呼ばれています。さらに池袋や新宿にも出店を準備している業者がいると聞いています。最近ではただ見学させるだけではなく”撮影会”を開くなど、エスカレートしている店もありますね」

 実際、某風俗店グループの関係者はこう声を潜めた。「俺たちも”見学系”への参入を考えたけど、渡る橋がヤバすぎる。法律のうまいトコついてたけど、もうダメだろうね」

 高木氏もこうつけ加える。「警察は風俗営業ではないので立ち入り検査ができなかったのですが、神奈川県警が労働基準法の解釈で検挙に踏み切りました。こうした店の増殖は当局も把握しています。”絶滅”は時間の問題かもしれませんね

 この取材の翌日、渋谷の「S」は突然店を閉めたーー。

 取材・文・撮影/「風俗(かぜ)を読む」取材班

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】
 最強の恐竜とは何か?と聞かれれば、誰もが思い浮かべるのがティラノサウルスだ。映画やアニメなどでおなじみの肉食恐竜だが、ティラノサウルスがなぜ最強なの…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中