恋愛・結婚

女性の大胆な「見せ下着」はむしろ男性の妄想力を劣化させている?

女性の大胆な「見せ下着」はむしろ男性の妄想力を劣化させている? 少し前に見た東スポの社会欄に、

今、女性のあいだで注目されつつあるセクシー・キーワードは「キャメルトゥ」!

みたいな記事が掲載されていた。ふ~ん、そーなんですか……で、そもそも「キャメルトゥ」って、なんやねん? 詳細を解説してみると、どうやらこういうことらしい。

 まずは、東スポからの抜粋文を読んでいただこう。

[ブラジャーやパンツの一部分をあえて人目に触れさせる“見せブラ”や“見せパン”で装った女性に遭遇するのも珍しくなくなってきた昨今、今度は局部の割れ目がくっきりと映る下着が登場した。女性がぴったりとしたタイツなどをはくと、陰部の割れ目がくっきりとなり、食い込んだ形がラクダの爪のように見えることから欧米では「キャメルトゥ」との隠語表現がある。アクシデント的に生じてしまう現象ゆえ、普通は隠すものだが(※“隠す”ためのステッカー「キャメル・ノー」といった商品もすでに出回っているとのこと)、そのキャメルトゥを自然に見せる下着が販売された。]

 オンラインニュース『news.com.au』によれば、

[「パーティー・パンツ」と呼ばれるこの下着は、前部に入ったシリコーンによって女性の局部が強調されて見えるような工夫が施されている]

 ……のだそう。「どうせできちゃう赤面モノの“スジ”ならば、いっそニセのラインを大っぴらに晒すことによって、堂々と殿方たちを惑わせてみようじゃないか」という逆転の発想、「森で木を隠す」……んじゃなくて「脱法ハーブで大麻を隠す」感じ(ちょっと違う気もするけど…w)の画期的な新商品では、たしかにある。でも、はたしてコレ……男子的な目線からして、本当に「セクシー」なんだろうか?

次のページ 
男ゴコロって、そこまで単純なモノ?

1
2




おすすめ記事