恋愛・結婚

オフィスで女性が“恥ずかしいと感じる”シチュエーション「名刺交換時や、お茶を出すときに…」

 新人OLが入社してくる4月は、歓送迎会に花見、通勤電車、オフィスと、はみ乳やパンチラが多発する時期である。日常的に見かけるさまざまなハプニングエロスに対し、22~29歳の働く女性300人に「恥ずかしいと思うか」を、30~45歳の働く男性300人に「そのシチュエーションに興奮するか」をアンケート。それぞれ指数化し、「恥じらい指数」と「興奮指数」を算出した。

はみ乳・パンチラが多発する春。女性はご用心

「見えないからこそ想像力が膨らむ」(45歳・教育)、「セクシーで色気がある」(40歳・医療)と男性が陰ながら熱い視線を送るのがパンティライン。女性は油断大敵だ

 男性が「特に興奮する」と回答したのが、「タイトスカートを履いているOLのお尻の形やパンティラインがくっきり見えたとき」。

「プリッとしたお尻からパンティラインが透けて見えると、どんなパンティを履いているのか妄想が膨らむ」(45歳・教育)と、下着が見えないからこそ想像を掻き立てられるようだ。

 対して女性は、「体型に自信がないから恥ずかしい」(29歳・事務)、「男性の視線をお尻に感じて恥ずかしくなった」(25歳・販売)など、恥じらい指数も88.9と非常に高い数値を弾き出す結果に。

次のページ 
「名刺交換時や、お茶を出すとき」にも恥じらいが

1
2
週刊SPA!4/11・18号(4/4発売)

表紙の人/ 木村拓哉

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!





おすすめ記事