崖っぷち漫画家・市橋俊介が『ぼっち村』で自給自足生活に挑戦「田舎暮らしとは、不自由を楽しむことである!」

市橋俊介

崖っぷち漫画家・市橋俊介

 現在、週刊SPA!にて連載中の『ぼっち村』。アラフォーにして売れない漫画家・市橋俊介が農村へと居を移し、みずから畑を耕し、近隣住民と交流し、手塩にかけて育てた野菜によって自給自足(を目指す)農業漫画である。

 連載開始から早2年。その間に里山から高原、高原から限界集落と諸事情により2回も引っ越しを敢行し、のべ3箇所で開墾作業を1から始めるという、なんともムダな動きの多い(?)農業生活を過ごしていた市橋氏だが、そんな苦難やらなんやらのドタバタの記録である連載をまとめた単行本が、ついに本日9月2日(水)発売となった。

 そんな『ぼっち村』単行本発売を祝し、改めて市橋氏本人にぼっち村にまつわるアレやコレを直撃! その模様を全3回にわたってお伝えする。

――市橋さん、ついに出ましたね、単行本。

市橋:恐ろしいことに……、出ちゃいましたね。

――何が恐ろしいんですか?

市橋:いやぁ……、この連載はボクの打ち切りと廃業を懸けて田舎暮らしの様子を漫画にするというテーマで始まったので、嬉しい反面、いよいよ審判の時を迎えたのかという、恐ろしさもあるのですよ!

――さすが崖っぷち漫画家、後ろ向きですね!……では、そんなズブの素人以下の漫画家がSPA!の企画とはいえ、実際、田舎暮らしをすることになった時の感想は?

市橋:単純に面白そうだな、とソコは意外に前向きでした。どうせドコに居たって、売れない漫画を描いて引き籠もってるだけですし、ソレが田舎でも同じかな? と。あとボクは元々都会や人混みは好きじゃなく、富士山周辺の寒村だったり、孤島とかに淡く憧れていたので、そう言う意味では、面白そう、チャンスだな、とさえ思いました。

――なんだか妙にポジティブですね。編集部としてはもっともっと苦労する姿も見たいのですが……。

市橋:いやいや、ソレは漫画にも描いてきたように、苦労の連続でもありましたよ! 物件探しから開墾、さまざまなトラブル……日常の不便は、今日に至るまで休む間もなく続いてますよ。

⇒【写真】はコチラ nikkan-spa.jp/?attachment_id=928377

――そんな生活なのに、よく続けられてきましたね。

市橋:でも苦労だけじゃないんですよ。やっぱり面白い、嬉しいこともあります。というか、そういう苦労や不自由を楽しめるようになってきた感じですかね。たとえばスーパーやコンビニが10㎞20㎞離れてるのも、ちょっとしたドライブ気分で行ったりして。

――都会に暮らしている我々としては、にわかに考えにくいです。

市橋:無ければ無いでどうにかなったりするじゃないですか? 例えばテレビとか!? そういうのと同じで、無いなりの生活になっていくと言うか……。慣れるだけじゃなく、求めなくなる、とまで言ったら、ソコまで不便な生活でもないので言い過ぎかも知れませんけど。実際全国には、もっともっと田舎でたくましく暮らしている人が大勢いますしね。

――じゃあ苦労はしつつも、農作業含め、ぼっち村は楽しいと? 何も問題ないと? 一度もやめようと思ったことはないと!?

市橋:な……なんか、攻めてきますね?

――だって漫画と違って、優等生的な発言ばかりしてきますからね。鼻に付いてつい!

市橋:そりゃまぁ……ありますよ。特に、ぼっち村のメイン活動である農作業は、しんどいことの連続ですし……。

――あるんじゃないですか、やめたくなったこと!!

<第2弾へ続く……>

 第2弾では、「もうぼっち村なんてやめてやる!」と市橋氏の脳裏をよぎった(?)「ぼっち村を始めて心底辛かったこと」をランキング形式で紹介。とにもかくにも、『ぼっち村』単行本は本日より全国の書店で発売開始(帯にはなんと、今をときめく売れっ子作家、伊坂幸太郎さんのメッセージが!)。東京生まれ東京育ちの軟弱アラフォー男子・市橋俊介があがいた2年間の農業生活の一部始終を、震えて読むべし! <取材・文/日刊SPA!編集部>

⇒「ぼっち村」単行本発売記念! 第1話~第11話を無料公開

ぼっち村

男はたった一人で生きていけるのか?

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中