日本でAVデビューしたアメリカ人留学生・アメリアちゃん「日本の男性は肌がキレイでいいですね」

「東京の街を歩いていると、1日1回はナンパされます。けど怖いから『ノー・プリーズ』『カレシイマス』と答えます(笑)」

アメリアちゃん

アメリアちゃん

 そう話すのは、先日桃太郎映像出版から発売された『初撮り 現役女子大生22才 アメリア 金髪碧眼アメリカ人の留学生。』という作品でデビューした、米国出身AV女優のアメリアちゃんだ。近年の訪日外国人数の増加には、円安効果だけでなく、日本のポップカルチャーが影響しているのは言うまでもないが、彼女もそんな一人。留学で日本に滞在して6か月になるが、アメリカ在住時から日本語の勉強をしていたそうで、かなり流ちょうに話せる。

「最初に日本のことが好きになったのは、10歳くらいのとき。アニメや折り紙が好きになって、それから日本料理やファッションとか、いろんなジャパニーズカルチャーが好きになりました。アメリカにいたときは日本を好きな女のコ同士の小さいグループがあったんです。ロシアのコとかもいて、いつも日本の雑誌が置いてある本屋に行ったり、日本のドラマをネットで見ていました」

 そんな日本好きが講じて日本留学を実行。今夏に日本の海に遊びに行ったときには「まわりの男の人たちが、みんな私のこと見ていました」とか。そりゃ水着のパツキン美女が水着姿でいたら振り返るよ……。さらにAVデビューまで果たしてしまうのだから、その行動力に驚くばかりだ。

「(撮影は)ちょっと緊張したけど、すごくエキサイティングしました。オーマイガーって(笑)。でも何も問題なかったというか、すごくスムーズに進んで『もう終わり?』って。楽しかったです」

 ちなみにAV撮影を通して、日本人男性とアメリカ人男性には性癖に違いがあるのもわかったそうだ。

アメリアちゃん

「写真を撮られるのも大好き」とのこと

「日本の男性は乳首を触られるのが好きなのにびっくりしました。アメリカ人だとそんなことしないから『プリーズタッチ』と言われて、『オウ、リアリー?』って。カルチャーが違っていてとてもおもしろい」

 そんな彼女に「外国人女性がイケメンだと思う日本人の条件」を聞いてみると……。

「私たちのグループではマツダショウタが、すごく人気でした。ユーチューブとかタンブラーで日本のドラマとかをチェックしていたので『ライアーゲーム』はとても面白かった!あとは、カメナシカズヤも『神の滴』がすごくよかった。ミウラハルマ、マツモトジュンも人気です!」

 なんともイケメン“ど真ん中”の名前がズラリ!それだけチェックしていること自体が驚きだが、やはりイケメンの条件は日本女子もパツキン美女も変わらないようだ。てっきり筋骨隆々の男性が好きなんだと思っていましたが……。

「そんなことないです。私、マッスルな人は好きじゃないです。ぜったい細い人のほうがいい。日本の男性は皆スリムだし、肌がキレイでいいですね。それでシックス・パックに分かれていたら、一番好き!」

 まるで渋谷を歩く若い女子に話を聞いているかのよう。ネット社会は「イケメンの基準」もボーダーレスにしているのかもしれない。

●桃太郎広報女子ブログ:http://blog.livedoor.jp/momotaro_/archives/50468540.html#more

<取材・文/日刊SPA!取材班>

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中