ライフ

デブが実態以上に「クサい!」と誤解されやすい深刻な理由

 こんにちは、日本のデブ諸氏の笑顔製造マシンとして日夜活動している「心もカラダもビッグサイズな男たち」のためのファッション&ライフスタイル情報を配信するウェブマガジン「Mr.Babe」編集長の倉科典仁です。

デブなら知っておくべき「イメージ臭」

デブ 突然ですが、デブ諸氏の皆さん「イメージ臭」って聞いたことはありますでしょうか?  簡単に説明すると、視覚から入る見た目のイメージのことで、脳がニオイを連想し、「臭い」「臭そう」「変なニオイ」など、その人物が本当に臭くなくてもそう感じてしまうというのがイメージ臭です。  特に女性に多いらしく、たとえば「黄ばんだTシャツ」「伸びまくったトレーナー」「首元が黒くなっているシャツ」「脂ぎった髪の毛」「暗くて覇気のない表情」など視覚か悪いイメージが入ると、ニオイまでマイナスイメージしてしまうとのこと。 「本当は臭くないのに心外だ!」とお怒りの方もいらっしゃるとは思いますが、なにせそう感じた人も悪気がないので責めるわけにもいきません。

見た目で損をしがちな太った男たち

 そんな話を聞き、以前、イメージ臭について「Mr.Babe」で女性にインタビューをしたことがあります。 「太った人のニオイって、どんなイメージですか?」という質問に「太ってる人ってなんか『おでん』臭くないですか~」とか「使い古した機械油っぽいニオイします~」とか「遠くからでもお酢っぽいというか、生乾き臭というかそんなものを感じることあります」という答えが返ってきたのです。  日本のデブ代表を自任する私はもちろん、普段から美意識の高いオシャレなデブ諸氏にとってはとてもショッキングな回答でした。  もっとも「イメージ臭」というのはデブ体型だけに限ったことではありません。体型がどうあれ、見た目に不潔感を感じさせたり、暗いイメージだっだりというところに反応するようなので体型だけではないということを補足させていただきます。
次のページ
汗のケアにはくれぐれも注意が必要なワケ
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事