恋愛・結婚

日本でAVデビューしたアメリカ人留学生・アメリアちゃん「日本の男性は肌がキレイでいいですね」

「東京の街を歩いていると、1日1回はナンパされます。けど怖いから『ノー・プリーズ』『カレシイマス』と答えます(笑)」

アメリアちゃん

アメリアちゃん

 そう話すのは、先日桃太郎映像出版から発売された『初撮り 現役女子大生22才 アメリア 金髪碧眼アメリカ人の留学生。』という作品でデビューした、米国出身AV女優のアメリアちゃんだ。近年の訪日外国人数の増加には、円安効果だけでなく、日本のポップカルチャーが影響しているのは言うまでもないが、彼女もそんな一人。留学で日本に滞在して6か月になるが、アメリカ在住時から日本語の勉強をしていたそうで、かなり流ちょうに話せる。

「最初に日本のことが好きになったのは、10歳くらいのとき。アニメや折り紙が好きになって、それから日本料理やファッションとか、いろんなジャパニーズカルチャーが好きになりました。アメリカにいたときは日本を好きな女のコ同士の小さいグループがあったんです。ロシアのコとかもいて、いつも日本の雑誌が置いてある本屋に行ったり、日本のドラマをネットで見ていました」

 そんな日本好きが講じて日本留学を実行。今夏に日本の海に遊びに行ったときには「まわりの男の人たちが、みんな私のこと見ていました」とか。そりゃ水着のパツキン美女が水着姿でいたら振り返るよ……。さらにAVデビューまで果たしてしまうのだから、その行動力に驚くばかりだ。

「(撮影は)ちょっと緊張したけど、すごくエキサイティングしました。オーマイガーって(笑)。でも何も問題なかったというか、すごくスムーズに進んで『もう終わり?』って。楽しかったです」

 ちなみにAV撮影を通して、日本人男性とアメリカ人男性には性癖に違いがあるのもわかったそうだ。

アメリアちゃん

「写真を撮られるのも大好き」とのこと

「日本の男性は乳首を触られるのが好きなのにびっくりしました。アメリカ人だとそんなことしないから『プリーズタッチ』と言われて、『オウ、リアリー?』って。カルチャーが違っていてとてもおもしろい」

 そんな彼女に「外国人女性がイケメンだと思う日本人の条件」を聞いてみると……。

「私たちのグループではマツダショウタが、すごく人気でした。ユーチューブとかタンブラーで日本のドラマとかをチェックしていたので『ライアーゲーム』はとても面白かった!あとは、カメナシカズヤも『神の滴』がすごくよかった。ミウラハルマ、マツモトジュンも人気です!」

 なんともイケメン“ど真ん中”の名前がズラリ!それだけチェックしていること自体が驚きだが、やはりイケメンの条件は日本女子もパツキン美女も変わらないようだ。てっきり筋骨隆々の男性が好きなんだと思っていましたが……。

「そんなことないです。私、マッスルな人は好きじゃないです。ぜったい細い人のほうがいい。日本の男性は皆スリムだし、肌がキレイでいいですね。それでシックス・パックに分かれていたら、一番好き!」

 まるで渋谷を歩く若い女子に話を聞いているかのよう。ネット社会は「イケメンの基準」もボーダーレスにしているのかもしれない。

●桃太郎広報女子ブログ:http://blog.livedoor.jp/momotaro_/archives/50468540.html#more

<取材・文/日刊SPA!取材班>




おすすめ記事