コリアン街・大久保の“性の多国籍化”が止まらない「今年になって南米系が増えている」

 都内有数のコリアンタウンである大久保。ラブホテルも目立つこのエリアは、古くから売春街としても知られていた。だが、近年のK-POPブームにより、街の様子は一変。2000年代半ばから路地裏にはアイドルグッズや美容品を取扱う店舗が建ち並ぶようになった。

 そんな健全化されたかに見える大久保の風景も、夜になると違った様相を見せている。

◆今年になって南米系が増えている

 都内の売春事情に詳しいライターS氏は夜の大久保の事情を次のように語る。

「今年になってから大久保の立ちんぼの多国籍化が止まりません。昔から多い中国、韓国系に次いで台湾人も増えている。新興勢力としてブラジル人やコロンビア人女性の姿も見かけるようになりました」(S氏)

多国籍化が止まらない夜の大久保事情 21時を過ぎると、大久保通りから南に入った通り沿いには、髪色の違う売春女性がズラリ腰をおろしている。

「金曜日ともなれば、時間帯によっては10人以上並ぶこともある。なかには日本人もいて、見た目の推定年齢は70歳。売春業界もちょっとしたTPPみたいになってます」(同氏)

 南米系の売春女性が増えている理由はどこにあるのだろうか。あるブラジル人女性(40代)に話を聞くと、彼女は今年3月に来日したばかりだという。きっかけは既に日本へ出稼ぎにいったという旧友からの「日本なら稼げる」という連絡。彼女は片言の日本語で「ニホンダイスキ、他ノ友ダチヨンデル」と現地の友人に口コミを広めている旨を教えてくれた。

 今後、さらに多国籍な売春婦が集まるようになったら……。むろん、当局がこの状況を放置し続けるとは考えにくい。2020年の東京オリンピックまであと5年。一斉摘発もあり得るだろう。 <文/日刊SPA!取材班>

“8月”が断然お得!最強コンボで激アツなスマホ節約術

“8月”が断然お得!最強コンボで激アツなスマホ節約術
sponsored
提供元:NTTコミュニケーションズ  心もカラダも解放的になる夏――。とはいえ海、花火、フェス、キャンプ、BBQと満載の夏の予定とは裏腹に、さみしくな…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(16)
メンズファッションバイヤーMB
GUの590円スカーフは1万円の高級品に見劣りしない! プロの目も欺く開発力がスゴい
山田ゴメス
東京・西葛西に「リトルインド街」が誕生?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード07=リック・ルードの証言――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第160回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
大川弘一の「俺から目線」
死ぬことが決まっている沼――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中