ニュース

渋谷、銀座、上野…でネズミが大量発生。一体なぜ?

 8月上旬、渋谷のコンビニエンスストア店内をネズミが駆け巡る動画がSNSに投稿された。あの映像を見てこう思った人も少なくないだろう。「もしウチにもネズミが大量発生したら……」。東京都内のネズミ事情を探る。 ネズミ

電線をかじってショートさせ、火事を引き起こす

 デフォルメされたアニメでもない限り、ネズミを見て「カワイイ♡」と思う人はほとんどいないだろう。“ドブ”すなわち下水溝を走り回るイメージから、“汚い”と思っているからかもしれない。  当然、ネズミたちに何の悪気もなく、必死で生きているだけだ。でも、人間からみれば、ネズミの糞は汚染を引き起こし、食中毒の原因となるサルモネラ菌などを運ぶ。さらに電線やケーブルをかじってショートさせ、火事の原因にもなる…。悲しいことである。
ネズミ

食中毒を起こすサルモネラ菌、黄疸や出血、腎障害をもたらすレプトスピラ症、発熱に頭痛、関節炎や肺炎、肝炎なども発症する可能性がある鼠咬症(そこうしょう)に感染させられる危険性を持つのがネズミだ

ネズミ 結果、人間は駆除を繰り返し、昭和を生きた者ならば「だいぶ見なくなった」と思っていたはずだ。それなのに渋谷のコンビニエンスストア店内を駆け回るクマネズミの映像が拡散された、令和元年。何が起きているのか? 都内の害虫獣被害相談を受けている公益社団法人東京都ペストコントロール協会の谷川力氏に話を聞いた。 「歴史的には終戦後、都内にドブネズミが大量発生します。それも殺鼠剤の登場で数は減っていくのですが、代わりに出てくるのがクマネズミです。高度成長期でビルが立ち並ぶようになり、壁を登れる上に殺鼠剤にも強いクマネズミが増えていったのです」

上がドブネズミで下がクマネズミ。クマネズミの手は滑りにくい構造で壁や管を這い上がることができるため、ビルの上階にも出現する(※クリックでモザイクなしの写真が見れます)

次のページ 
ルールを守らず捨てる生ゴミがエサ場をつくる
1
2
3
週刊SPA!9/3号(8/27発売)

表紙の人/ 松本穂香

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事