スポーツ

ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回



 ホーガンが“フォーエバー(永遠に)”というフレーズをアピールしたことで、パラドックス的ではあるが、多くの観客はホーガン時代の終えんが近づいていることを感じとってしまった。“レッスルマニア”のプロローグとなるはずの“ロイヤルランブル”にホーガンが優勝してしまったのもいまになってみると奇妙だった。

 ビンスは“ロイヤルランブル”につづくスーパーイベントとしてNBC特番“サタデーナイト・メインイベント”(1990年2月23日=ミシガン州デトロイト、ジョー・ルイス・アリーナ)を企画していた。メインはホーガン対サベージのWWE世界戦。ビッグ・サプライズとしてプロボクシング統一世界ヘビー級王者マイク・タイソンを特別レフェリーに起用するプランが進行していたが、この計画はある事情でNGになった。(つづく)

斎藤文彦

斎藤文彦

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

1
2
3


ハッシュタグ




おすすめ記事