スポーツ

サベージがフレアー下しWWE世界王者!――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第124回

WWEオフィシャル・マガジン

“レッスルマニア8”でランディ・サベージがリック・フレアーを下しWWE世界ヘ ビー級王座を獲得。(写真はWWEオフィシャル・マガジン1991年10月号表紙より)

 “レッスルマニア8”(1992年4月5日)はインディアナ州インディアナポリスのフージャードームに6万2167人の大観衆を動員した。

 公式ラインナップはシングルマッチ7試合、タッグマッチ2試合の全11試合。オープニング・マッチではショーン・マイケルズがベテランのティト・サンタナからフォール勝ちをスコアし、第2試合ではジ・アンダーテイカーがジェーク“ザ・スネーク”ロバーツを下した。

 マイケルズはこの大会が4年連続の“レッスルマニア”出場。過去3大会はタッグチーム、ザ・ロッカーズ(パートナーはマーティ・ジャネッティ)として試合をおこなったが、この日はシングルプレーヤーとして初めて大舞台のリングに立った。

 キャリア8年、26歳の若手だったマイケルズは、“悪女”センセーショナル・シェリーをマネジャーにつけ、ヒールとしての自我を模索しはじめていた。のちにマイケルズのオリジナル・キャラクターとして定着する“HBK”(ハートブレイク・キッド)というニックネームが考案されるのはさらに数年後のことだ。

次のページ 
アンダーテイカーとロバーツのシングルマッチ

1
2
3




おすすめ記事