スポーツ

ホーガンVSフレアー実現――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第116回

レスリング・クラシックス

リック・フレアーのWWE電撃移籍で実現したホーガン対フレアーの“世紀の一 戦”。しかし、ビンス・マクマホンはこの試合のプロデュースになぜかあまり乗り気ではなかった。(写真は米専門誌「レスリング・クラシックス」表紙より)

 リック・フレアーは、WCWが保有するウェーバー期間(解雇または退団後に発生する優先交渉権)の満了を待ち、1991年9月2日にWWEと3年契約を結んだ。

 ビンス・マクマホンとフレアーはそれ以前にも非公式のミーティングをおこなっていたが、タンパリング=事前交渉を理由にWCWが訴訟を起こす可能性があったため、そのネゴシエーションには“昼食会”というコードネームが用いられた。

 フレアーがWWEのリングに初めて登場したのは、正式契約からちょうど1週間後の9月9日、カナダ・オンタリオ州オタワで開催されたTVテーピングだった。フレアーはマーク・トーマスという無名の選手を相手にTVマッチをおこなったあと、番組のカラー・コメンテーターとして実況ブースに座っていたロディ・パイパーにいきなり襲いかかった。

 WWEはフレアーにふたつのプログラミングを用意していた。ひとつはNWAクロケット・プロ在籍時代からのライバルであるパイパーとの因縁ドラマ、もうひとつは、いうまでもなくハルク・ホーガンとの“世紀の一戦”だった。

次のページ 
WCW世界ヘビー級王座のチャンピオンベルト

1
2
3





おすすめ記事