デジタル

全米1位の『ポケモンGO』で珍騒動「ギャングの本部がチェックポイントに指定されている」

 ポケモンGOの熱狂は思わぬところにまで及んでいる。7月6日に先行公開されたニュージーランドでは、ギャング集団「ヘルズ・エンジェルズ」の本部がチェックポイントに指定されていることがユーザーに発見され、国内は騒然となった。

Pokémon GO

『Pokémon GO』公式サイトより

『Pokemon GO』はスマートフォンの位置情報を活用し、現実世界でポケモンの捕獲や対戦を楽しめるゲーム。ポケモンと任天堂、「INGRESS」のNiantic Labsが共同開発し、米国、オーストラリア、ニュージーランドで先行公開された。

 米国では、公開直後からGoogle PlayとApp Store総合ランキングで1位を独占し、SimilarWebによると、1日当たりのアクティブユーザー数(DAU)はTwitterに匹敵する勢いを記録。ゲーム上で新たな仲間に出会ったり、アイテムやモンスターボールが手に入る「ポケストップ」が設置された教会には信者以外のユーザーが殺到するなど、早くも社会現象となりつつあるようだ。

 だが、ニュージーランドの騒動は米国とは少し異なる。

 イギリス最古のタブロイド紙「デイリー・メール」によると、サービス登録者がニュージーランドの都市・ワンガヌイでバイク乗りギャング集団であるヘルズ・エンジェルズ本部が「ポケストップ」になっているのを発見。熱心なゲームファンがヘルズ・エンジェルズ本部に殺到しているが、「子どもをひとりで遊びに行かせるわけにはいかない」と国内では騒ぎとなった。

 ポケモンGOでは、携帯電話のカメラを使って自分の身の回りでポケモンを見つけることが出来る。ポケストップやジムはモニュメントや史跡などの実際の場所に割り当てられていて、ユーザーに街を探検させて見つけることを促している。

 ユーザーはヘルズ・エンジェルズの拠点に行くことで、モンスターボールやポケモンタマゴやきずぐすりを買うことができるというわけだ。しかし、そのポケストップを利用するためには、ヘルズ・エンジェルズの建物にかなり近くまで近づかなければならず、多くのニュージーランド人がギャング集団と接近してしまうことになる。ネット上では、本部の建物がポケストップとなっていることを示す写真がフェイスブックのグループ“Only in New Zealand”に投稿され、6000件ものいいねと、おかしな地点指定についての不満のコメントが寄せられている。

 NZ Herald紙の取材によると、ヘルズ・エンジェルズ本部の門番の男性はポケモンGOのことは知らず、「警察に相談します」と答えたとのこと。

 今年20周年を迎えた「ポケモン」が、よくも悪くも世界で熱狂をもって迎えられたことは確かだろう。日本でのリリースが刻一刻と迫る今、歩きスマホなどによる事故やトラブルも懸念されるが、国内ユーザーの期待は日に日に高まっている。かつてのポケモン・フィーバー再来となるか楽しみだ。

<取材・文/北村篤裕>




おすすめ記事