スポーツ

ランディ・サベージ マッチョマンの孤独――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第66話>

ランディ・サベージ マッチョマンの孤独<第66話>

連載コラム『フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100』第66話は「ランディ・サベージ “マッチョマン”の孤独」の巻(イラストレーション=梶山Kazzy義博)

 ハルク・ホーガンと長編ドラマのロングランをくり広げたスーパースターだった。

 “レッスルマニア1”(1985年)から“レッスルマニア3”(1987年)までが“ホーガン物語・第1章”だとすると、“レッスルマニア4”(1988年)から“レッスルマニア8”(1992年)までの5年間がWWEにおける“マッチョマン”ランディ・サベージの時代ということになる。

 ベビーフェースとしてもヒールとしてもつねに主役のポジションを演じつづけた。

 “レッスルマニア3”(1987年3月29日=ミシガン州ポンティアック、シルバードーム)でのリッキー・スティムボートとのインターコンチネンタル選手権は、いまでもプロレス史に残る名勝負として語り継がれている。

 体格的には“小型ホーガン”のような筋肉マン・タイプだったが、ディテールにこだわったキメのこまかい動きをつねに計算し、リングの広さやトップロープの高さをひじょうにうまく観客に伝える“2階席からもよくわかるプロレス”の名人だった。

 サベージがテッド・テビアスを下しWWE世界ヘビー級王座を獲得し、最愛のパートナーであるエリザベスElizabethの肩にチャンピオンベルトをかけた“レッスルマニア4”の感動のラストシーンがサベージのスーパースターとしてのステータスを不動のものにした(1988年3月27日=ニュージャージー州アトランティックシティー)。

 “マッチョマン”なるニックネームで親しまれたサベージは、リアリティーとファンタジーの区別がつかない世界を生きた。

 サベージのよこにはいつもエリザベスが立っていた。エリザベスは台詞をしゃべらないキャストだった。ふたりはほんとうの夫婦だったけれど、テレビの画面のなかでは古典的な“美女と野獣”の設定をかたくなに守り、それが観客のイマジネーションをくすぐった。

 エリザベスの存在がのちのDIVA路線のモチーフになったことはいうまでもない。

 サベージとエリザベスの恋愛ドラマはリング上でのプロポーズ、リング上でのウエディングという最高のクライマックスを迎えた(1991年8月26日=マディソン・スクウェア・ガーデン)。

 しかし、それまで8年間つづいていた“沈黙の結婚生活”は挙式からわずか1年で破局。サベージはもともと結婚の公表には反対だったという。

 サベージとホーガンは宿命のライバルであり、あるときは親友で、またあるときはおたがいがおたがいを「あいつさえいなければ」と考える存在。ふたりはリングの上でもプライベートでもじっさいにそういう関係だった。

 ホーガンがWCWに移籍すると、サベージもそれから半年後にWWEを退団し、ホーガンを追ってWCWに移籍した(1994年12月)。

 WCWはホーガンとサベージの長編ドラマの“再放送”をプロデュースし、ホーガンがヒールに転向して“nWo編”という新しいドラマがはじまると、サベージもブラック&ホワイトのコスチュームを着てこのドラマのおもな登場人物のひとりになった。

 サベージとホーガンの人間関係が決定的にこじれてしまったのは、ホーガンがエリザベスをWCWの連続ドラマのキャストに起用したときだった。

 サベージとエリザベスは実生活ではすでに離婚していたため、サベージはエリザベスの“職場復帰”を反対した。

 ホーガンは「仕事とプレイベートは別」とクールに考え、サベージは「仕事とプライベートは別だからこそあってはならないこと」ととらえた。

 エリザベスはサベージと離婚後、フロリダ在住の弁護士と再婚したが、その結婚生活も1年で破局。エリザベスの“黙して語らず”のスタンスは、仕事でもプライベートでも最後まで変わらなかった。

次のページ 
引退宣言をせずに表舞台から消えた

1
2
※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス読本」と書いたうえで、お送りください。

※日刊SPA!に掲載されている「フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー」が『フミ・サイト―のアメリカン・プロレス講座』単行本になり、電波社より発売中です

フミ・サイトーのアメリカン・プロレス講座 決定版WWEヒストリー 1963-2001

WWEはいかにして世界を征服したのか?幾多の危機を乗り越え、超巨大団体へと成長を遂げたその歴史を克明に描く「WWEの教科書」





おすすめ記事