恋愛・結婚

「AV業界2016」重大ニュースTOP10 坂口杏里、80歳で初脱ぎAVデビュー他…

 一方、AV業界を30年以上見続ける古参ライター・沢木毅彦氏は、重厚なトピックを挙げた。 「10月に熟女専門メーカーの『ルビー』から80歳がデビュー。いよいよAV女優は死ぬまでやれる職業になってきました。これまで元芸能人のAVは、紫艶や小松千春らせいぜい40代でしたが、さらに上の年齢、例えば団塊世代がときめいた天地真理なども可能性がある。AVは夢がある世界ですよ」
「死ぬまでセックス」

「死ぬまでセックス」を体現する高齢者モノが人気に

 そんな夢の世界を牽引する業界最大手のAVプロダクションが激震に襲われたのは6月のことだ。 「元所属女優が引退後に『AV出演を強要された』と訴えたため、元社長らが逮捕され、会社は解散。10月には他の大手AVプロを含む6社も書類送検され、業界はガタガタです」(AVライター)  この余波として、11月には吉原のソープに女優を紹介していたプロダクション社長が逮捕された。 「いずれも労働者派遣法違反の疑いです。要は、所属女優の同意があったとしても、本番行為のある職場に派遣するのはダメということです」(全国紙社会部記者)  すでに業界最大手のメーカーでは、“抜き差し行為”が見えないようにモザイクを濃くする対策を講じたという。無修正業者は野放しの昨今、正規業者の活路はどこにあるのか。 ― [エロ業界]重大ニュース2016 ―
1
2
3





おすすめ記事