小向美奈子が友人に打ち明けた「AV出演の理由」

⇒前回『小向美奈子を襲う「アイドル時代のSEX映像」流出騒動』はコチラ

小向美奈子 一方、ユーザーの観点で作品を見ると、違った感想が浮かんでくる。カメラに向けるまなざしには戸惑いや羞恥心が生々しく見え隠れし、「逮捕されるかもしれない」という極限状態の中でハードなカラミに体当たりする小向の姿は、刹那的に映る。

「ストリップをやっていた美奈子ちゃんは、『AVだけはやらない』と口癖のように言っていました。でもその後、デビューしたので、あるとき『なんで出たの?』と聞いてみたことがあったんです。『そうしないと、収まりがつかなかった。自分で責任をとるためかな』とだけ話してくれた。不敵なように見えて小心なところがあるので、自分が起こした刑事事件で周りに迷惑をかけたぶん、報いたんじゃないかって思います」

 前出の友人に核心を尋ねると、小向の気持ちをこう代弁した。

 早ければ来年の夏にも出所すると見られる小向。起伏の激しい芸能人生活は、それでも続くのだろうか。

<騒動の経緯>
 最初の逮捕は、2009年1月。覚せい剤を同棲していた男性と共同所持していたとして、執行猶予付きの有罪判決を受けた。それから2年後の2011年2月、外国人から覚せい剤を譲り受けたとして逮捕状が出されたが、このとき小向はフィリピンに滞在。
 帰国後、数十人の報道陣に囲まれたまま成田空港で逮捕されるも、証拠不十分で釈放となった。今回の逮捕は3度目で、警視庁ではなく厚労省が管轄する麻薬取締局による捜査によって検挙された。

取材・文/SPA!編集部 写真/報知新聞・アフロ

いっぱい、ごめんネ。

初体験、高校退学、DV、同棲、所属事務所解雇、浅草ロック座への出演…。これまで明かすことのなかった、壮絶な過去、そして現在。トップアイドルは、なぜ覚醒剤に溺れていったのか…。




おすすめ記事