エンタメ

NGT48が地元新潟で劇場1周年記念イベントを開催! 県知事、市長も登場してバク宙を披露

 1月9日、10日にNGT48が劇場オープン1周年の記念イベント『NGT48劇場一周年記念 49000人を魅了したNGT48の魂!』を開催した。

 NGT48劇場オープン1周年の前日となる9日には、「前夜祭」として、「NGT48劇場一周年記念 フライングLIVE~ありがとう一年!飛び出せ劇場!あなたに見てほしい!今、NGT SP~」と題した特別公演を開催。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1271159

県知事や市長も登場。NGT48が地元新潟で劇場1周年記念イベントを開催!

イベントスペースに飾られたパネルのデザインは加藤美南。緑色の線で新潟県の形を表してしているらしい。ちなみに女のコのリボンが佐渡島だそうだ

 会場となった万代シティのイベントスペース「万代シティパーク」には1日で約2500名の観客が詰めかけ、チームNⅢと研究生による無料ライブ、特別セレモニーが行われた。

特別セレモニーに参加したNGT48メンバー

 イベントには米山隆一新潟県知事や篠田昭新潟市長らも出席。特別セレモニーに登場した米山県知事は補助付きではあったものの特技というバク宙をステージ上で披露。NGT48メンバーから「ライバル出現」と言われたアクロバットを得意とする加藤美南はアクロバット共演に意欲をみせていた。また、特別セレモニー内ではサプライズ演出も。新潟市の中心部のシンボルでもあるレインボータワーがNGT48の文字でライトアップされると震災以降営業を停止していた昇降回転式展望台が動き始める。”レインボータワーが1周年記念で1日限定復活”という演出に加藤美南は「幼稚園の頃に放課後おじいちゃんと毎日乗ってたんですよ。NGTで活躍していつかレインボータワーを動かしたいと思っていたので夢が叶いました」と喜びを爆発させていた。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1271147

 1月10日は劇場をフル活用したイベントと特別公演を開催。前日は不参加だった柏木由紀を加えた26名全員が揃った。昼は劇場をロビーとステージの2会場に分け、3グループに分かれたメンバーが入れ替わりイベントを展開。即興創作ダンス披露や神経衰弱ゲーム、特技に嘘がないか検証するコーナーなど多彩なイベントで1周年を盛り上げる。

 夜は「NGT48劇場オープン1周年特別記念公演」が開催。NGT48が最初に行った「PARTYが始まるよ」公演と現在行っている「パジャマドライブ」公演の楽曲を中心にこの1年の成果をパフォーマンスで披露した。途中、北原・柏木・荻野をキャプテンにした3チームで縄跳びや卓球などのゲーム対決も実施するなど趣向をこらしてみせた。アンコールではキャプテンの北原里英が「全国に向けてはもちろんですが、これからも新潟のみなさんに愛されるグループになれるようこの私たちのホームであるNGT48劇場での日々の公演を大切にしていきたいと思いますので、これからも劇場に遊びに来てください。応援よろしくお願いします」とコメント。そして、2日間の最後は初のオリジナル曲「Maxとき315号」を全員で披露し特別公演を締めくくった。

 1月20日には初の単独コンサート、春先には待望のメジャーデビューを控えるNGT48。’17年は彼女たちの年になるのか、楽しみだ。

⇒【写真】はコチラ(記念イベントの様子) https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1271148

取材・文・撮影/日刊SPA!編集部 写真提供/AKS(一部)




おすすめ記事