スポーツ

ロード・ウォリアーズ解散の衝撃――フミ斎藤のプロレス読本#022【ロード・ウォリアーズ編7】

ロード・ウォリアーズ解散の衝撃――フミ斎藤のプロレス読本#022【ロード・ウォリアーズ編7】

『フミ斎藤のプロレス読本』#018 ロード・ウォリアーズ編エピソード7は、LOD(リージョン・オブ・ドゥーム)の突然の解散にまつわるエピソード。(写真はWWEオフィシャルマガジン「SPOTLIGHT」誌表紙より)

 1992年

 ロード・ウォリアーズが9年間つづいたタッグチームを解散したのは1992年8月。もっと正確にいえば、WWE所属のLOD(リージョン・オブ・ドゥーム)のメンバー、ホークとアニマルがコンビを解消――。

 “サマースラム92”ロンドン大会が、このふたりがタッグを組んでの最後の試合となってしまった。

 WWEのツアー・グループは“サマースラム”終了後、イングランドに残って2日間のTVテーピングをおこなったが、もうそこにはホークの姿はなかった。

 あとからわかったことだが、ウェンブリー・スタジアムでの試合が終わった翌日、ホークは予定されていたテレビ撮りの日程をすっぽかして、さっさとひとりでアメリカへ帰ってしまったのだった。

 ホークは、もうかれこれ1年もまえからWWEを出たがっていた。しかし、パートナーのアニマルは残留を強く主張し、ことあるごとにふたりは衝突をくり返した。

 ふたりのケンカをまるくおさめるために、休業していたマネジャーのポール・エラリングが現場に復帰してきた。やっぱり、あくまでもホークとアニマルがいっしょじゃないとビジネスにならない。

 “サマースラム”から1週間後、日本にもようやく「LOD解散」のニュースが伝わってきた。某夕刊スポーツ新聞には「ホーク引退」なる見出しがデカデカと載った。

 そういえば、“サマースラム”でテッド・デビアス&IRS(マイク・ロトンド)と闘ったときのホークのビジュアルにはそれなりの異変が表れていた。

 ご自慢の逆モヒカン刈りの隙間から、ポツポツとふつうの髪が生えはじめていた。あれだけ大きなイベントだったら、いつもよりもよけいに身だしなみを整えてくるものだ。気のせいかウエートも落ちていた。疑いはじめると、なにをみても疑わしくなってくる。

 いささかミーハー的な発想だったかもしれないが、ぼくは“追っかけ”精神でホークの家に電話をかけてみた。

 すると<おかけになった番号は現在使われていません……>というオペレーター・メッセージになっていた。ますますもって怪しい。ぼくはホークの居どころを知っていそうな人たちに片っぱしから連絡をとった。

 こういうときは徹底的に探偵ごっこをつづけるしかない。ホークがミネアポリスの自宅でのんびりしていることも、電話番号を変えてしまったことも、プロレスをやめるつもりなんかさらさらないこと――だからあの新聞に書かれていることを真に受けてはいけないのだ――もすぐにわかった。

次のページ 
ホークは疲れきっているらしかった

1
2

⇒連載第1話はコチラ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス読本」と書いたうえで、お送りください。




おすすめ記事