デジタル

ウォークマン衝撃のデビューから約40年。自社が生み出した製品を超えるモノをつくり続けるソニーの歴史

 音楽を持ち歩く。「ウォークマン」で新たな音楽の楽しみ方を提案し、我々のライフスタイルに革命を起こしたソニー。衝撃のデビューから40年近くが経とうとする今、ウォークマンはさらなる進化を遂げていた。

NW-WM1Z

高音質を追求し、こだわり抜かれたパーツや機能が詰まった「NW-WM1Z」。銅の酸化を防ぐために施された、金メッキの機能美も魅力。筐体に異なる素材が採用された「NW-WM1A」とともに、2016年10月にリリース

 1979年にソニーが生み出した、ポータブルオーディオプレイヤー「ウォークマン」。もはやその説明が不要なほど、名の知られた人気アイテムだが、ニーズが多様化した現在は、一口にウォークマンといっても、さまざまなモデルが存在する。

「お客様のニーズに応えて開発を続けてきたのが、ロングセラーの秘訣だと思います」とは、ソニー広報の沼田嶺一氏。初代ウォークマンも音楽ファンの要望に応えて生み出されたのかと思いきや、発案者は意外な人物だった。

「ウォークマンの試作機をつくってほしいと担当部署に命じたのは、当時弊社の名誉会長を務めていた井深大です。井深は海外出張に行くときに、デンスケという自社製のテープレコーダーを使っていました。ただ、携帯するにはあまりにも重くて不便だったので、1978年に弊社が発売した小型テープレコーダーのプレスマンをベースに、ステレオ再生ができて、持ち運びやすいものを希望しました」

 当時のテープレコーダーは、録音機能と再生機能を備えているのが一般的だった。プレスマンも再生機能を持っていたが、モノラル再生しかできず、ステレオ再生と比べると物足りなかった。

 そこで新たに開発するものでは、録音機能を排除する代わりに、ステレオ再生機能を搭載することになる。

「試作機を使用した井深は、これはいいと感動し、当時会長だった盛田昭夫に紹介しました。盛田も試作機を気に入り、初代ウォークマン『TPS-L2』の商品化がスタートしますが、社内では心配する声も挙がったそうです」

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1358422

TPS-L2

1979年に登場した初代ウォークマン「TPS-L2」。本体はもちろん、新開発の付属のヘッドホン「MDR-3L2」も約45gの超軽量化を実現した

 再生機能と録音機能を兼備したモデルが主流のなかで、再生機能だけのテープレコーダーは、はたして受け入れられるのか。商談の場でも心配する声が挙がっていたという。そして残念ながら、周囲の不安は見事に的中してしまう。

「多くの若者にTPS-L2を使ってもらいたいと、夏休みが始まる7月の発売に向けて急ピッチで開発が進められました。6月下旬には、メディア向けにTPS-L2の発表会を開催し、代々木公園まで移動して実際に試聴してもらいましたが、メディアの反応はあまりよくなかったと聞いています」

 発売までに悪い流れを断ち切ることはできず、3万台の初回出荷数に対して、7月は3000台しか売れなかったTPS-L2。そこからどのような逆転劇を経て、ウォークマンの存在を広く世に知らしめることができたのか。そこには当時のソニー社員たちの営業努力があった。

「営業の担当者たちは、TPSL2を持って人通りの多い場所に向かったそうです。自らが広告塔となり、多くの方に商品の魅力を伝える取り組みが奏功し、8月末には初回出荷台数を完売。その後も生産が追いつかないほどの人気を博しました。TPS-L2だけではなく、新たに開発した小型・軽量化したヘッドホン(MDR-3L2)をセットにして販売したのも、TPS-L2がヒットした要因だと考えます」

 TPS-L2の成功を機に、ソニーは次のウォークマンの開発に着手する。

次のページ 
さらなる小型・軽量化を実現したモデルが登場

1
2
3
80's青春男大百科

マイケル富岡、向谷実ほか80年代を象徴する人物たちの貴重な証言。さらにはカルチャー、アイテム、ガジェットで、世の中がバブル景気に突入する直前のあの時代を振り返る!





おすすめ記事