雑学

「昔すごくブサイクな女のコに囲まれてうれしそうにしている人がいるなと思ってみたら嘉門達夫さんだった(笑)」越前屋俵太



当時の夢は「フェリスに通うコと付き合うこと」


――学生時代からすでに東京と大阪を頻繁に行き来されていたかと思います。そのとき、東京と大阪の若者事情で「ここが違う」と感じた点はありましたか?

越前屋:東京はどこまでいっても上っ面という感じがしてました。例えば、食事をするにしても、女のコを誘ってイタリアンのオシャレな店には行くんだけど、会話はつまらない。大阪は「腹、減ったからお好み焼きでも食いにいこか?」っていう感じで、お好み焼き屋のおばちゃんに、「勝手にひっくり返したらあかん!」とか「コテで上から押さえつけたらあかん!」とか突っ込まれながら、それでもなんとかして女のコを笑わすぞ、という気持ちだけはみんな持ってました。

 でも、なにかと否定的だった東京でしたが、東京の女のコにだけはずっと憧れてましたね。当時は、フェリス女学院の女のコと付き合うのが夢でした。名前からして美しい! だってフェリスですもの! 関西は京女に華頂に梅花に橘。まるで京料理のコース名です。

――関西での「タレント」のステイタスは、東京とはどれほど違ったのでしょうか?

越前屋:今も昔もとりあえず関西では面白くないとモテません。子供のころから、みんな鍛えられている。だからテレビに出てない人でも、そこそこ面白い人は街のあちこちにいた。僕もたぶんその1人だったと思う。一般人でもみんな我こそが面白いと思っているわけだから、テレビに出てる関西のタレントさんは笑いのレベルはともかく高かった。

 東京はどちらかというと、そんなに面白くなくてもなんか、そういう流れに乗ると、なんとなくタレントさんになれるような感じでした。東京の知り合いの女のコは、大阪に遊びに来たときに環状線に乗ってるお客さん同士の会話を聞いて、大阪人は全員漫才師だと思ったらしいです。

――越前屋さん自身は、バブル前夜の80年代をどのように過ごしてましたか?

越前屋:なんとなくカネがなかった時代でしたが、毎日が面白かった。成功したお金持ちの大人は結局、高級車に乗るか、いい服を着るか、美味いもんを食うか、大きな家を建てるか、所詮そんなもんです。大してパターンはない。

 それに比べて、貧乏な若者はいろんなバリエーションがありましたからね。これからなにかやりたいエネルギーを持った若者がいっぱいいた。カネはなかったけど、みんな夢は持っていたような気がします。バブルってよかったよねっていうけど、それは物質的な話です。

 そうじゃなくて、僕は精神がバブってた。なんでもできるような気がしてました。だって、デビュー当時、路上で街行く人の頭をシャンプーしてたわけですから(笑)。カネよりも志があった時代というか。芸人さんに例えると、売れてからのほうがカネになるけど、売れる前が一番面白かったみたいな。そういう感じですね。お金持ちは本当につまらないですよ。

【越前屋俵太】
1961年、京都府生まれ。関西大学社会学部在学中にアルバイトとしてテレビ番組作りに参加、深夜番組企画の企画会議にて街中で一般人を強引に巻き込むライブパフォーマンス企画を提案する。その後は『笑ってる場合ですよ!』や『探偵!ナイトスクープ』などに出演。タレント業のほか、プロデューサー、演出家、書家、大学講師、デザイナーとさまざまな活動を行う。近著『想定外を楽しむ方法』が好評発売中
@echizenya_hyota

文/山田ゴメス、写真/産経新聞社

1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。脳神経外科医の菅原道仁先生との共著『「モテ」と「非モテ」の脳科学~おじさんの恋はなぜ報われないのか~』(ワニブックスPLUS新書)、ツイッターアカウント@gomes12081
1
2
80's青春男大百科

マイケル富岡、向谷実ほか80年代を象徴する人物たちの貴重な証言。さらにはカルチャー、アイテム、ガジェットで、世の中がバブル景気に突入する直前のあの時代を振り返る!





おすすめ記事