R-30

本当の自由はカネや時間では得られない。「価値観の選択」によって生まれる【魂が燃えるビジネス】

いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるビジネス」とは何か? そのヒントをつづる連載第22回

価値観 自由には種類があります。「自由に使えるお金」「自由に使える時間」などはお小遣いや休日として目に見える形で現れ、数えることもできるので管理が容易です。しかし価値観の自由はそうではありません。

 私たちは生まれてから今までの間に、何千何万という経験をしてきました。その経験を通して「世の中とはこういうものだ」という価値観を作り上げています。いわゆる処世術です。

「作り上げる」と表現しましたが、価値観は否応なしに作り上げられてしまう面もあります。人生は良いことばかりではありません。惨めだ、恥ずかしい、無意味だ、やるせない、としか表現できないことも起こります。そんなとき、私たちは自らが作り出した価値観に縛られてしまいます。

 たとえば学力が足りずに志望校に合格できなかった場合、「世の中は能力で決まってしまう」という価値観に走ることがあります。すると私たちは「自分は頭が悪い。何もできない無力な存在だ」と塞ぎ込んだり、あるいは「人は能力で決まる」と極端な主義主張を掲げて、過剰に努力するようになったりします。

 しかしいざ社会に出ると、「能力だけですべてが決まるわけではない」とわかってきます。世の中には「徳が高い」と評される人間がいます。特にこれといって「ここが凄い!」と特筆できるものはないけれど、自然と人から頼られ、色々な役割を任せられ、そうして出世していくタイプです。あなたの周りにも思い浮かぶ人物がいるかもしれません。

 能力主義の人間にとって、徳によって成功していくタイプはほとんど異星人に見えます。自分のほうが頭はいいし色々と勉強もしている。本人と話してみても、自分のほうが色々と考えている。それなのに、上手くいくのはなぜか相手のほう。またこの手のタイプは「自分なんて大したことない」「ただ運がよかっただけ」と謙遜するのでさらに厄介です。

次のページ 
能力主義に染まっているから、成功を不思議に感じる

1
2


ハッシュタグ




おすすめ記事