エンタメ

仕事の合間にホッとする。山本彩と辻井伸行の『ひといきつきながら』で生み出されるハーモニーが美しい

 2008年から日本テレビ系列で放送され、今年10月で10年目に突入した『アナザースカイ』。同番組は、番組限定のJT企業CMが流れることでも知られている。

 これまでCM内で流れる楽曲『ひといきつきながら』は、山本彩(NMB48)、尾崎世界観らが歌ってきたが、元々は大阪のシンガーソングライター・生沢佑一が2015年にリリースしたもの。生沢佑一はZZROCK(ジージーロック)名義で『ゲラゲラポーのうた』など、アニメ『妖怪ウォッチ』の主題歌を歌うキング・クリームソーダでも活動している。

山本彩

 そんなアナザースカイ限定CMで、今流れているのが『ひといきつきながら 出会い篇 山本彩×辻井伸行』だ。同CMは、山本彩と世界的ピアニスト辻井伸行が初共演し『ひといきつきながら』をセッションしたもの。

『ひといきつきながら 出会い篇 山本彩×辻井伸行』では、 山本彩の伸びやかで力強い歌声に、辻井伸行が奏でるやさしいピアノの音色が合わさり、美しいハーモニーが生み出されている。

辻井伸行

 今回、『ひといきつきながら』を初めてコラボレーションで歌った山本彩からは、緊張感と共演で歌うことによる楽しさが感じられ、世界的なピアニスト辻井伸行と一つの音楽を紡ぎあげていく姿に、視聴者の胸も熱くなる。

 また楽曲に合わせて家族や職場仲間、学校の仲間の写真が映し出され、新CMのテーマである「出会い」を通じて、大切な人との時間がもっと大切に思えるような読後感のある映像となっている。


『アナザースカイ』視聴者にはおなじみの『ひといきつきながら』シリーズは、「あなたの人生が世界一の物語でありますように。」というJTの想いが込められて作られている。<文/日刊SPA!取材班>

提供/JT

ハッシュタグ




おすすめ記事