雑学

嫁に内緒で“高額なモノ”を買っちゃった男たち 月4万円の小遣いで200万円の腕時計を…

 家族のため、子どものため……。あくせくと働きながら、250円のかけそばでランチ代を節約。毎月のお小遣いは限られており、学生時代から続けていた趣味や好きなことに使えるお金も減ったという既婚男性も少なくないだろう。特に、車やバイク、ファッション、コレクションなど、“男のロマン”と呼ばれる類いのものは女性には理解し難いかもしれない。

 給料が一向に増える気配もないまま、さりげなく「欲しいな」とつぶやいてみても嫁からは「そんなカネどこにあんの!」と返ってくるのがオチだ。そんななか、ふとこう思ったことはないか?

「わかってもらえないなら、黙って買ってしまおうか……」

 そこで、今回は日刊SPA!サイト上で「今まで嫁に内緒で“高額なモノ”を買ったことはありますか?」というアンケートを実施してみたところ、多くの回答が得られた。

腕時計

嫁に内緒でロレックスやポルシェを購入「ずっと夢だった」


 まず、回答者108名中55名が「ある」と回答。じつに半数の既婚男性が嫁に内緒で買い物をした経験があるらしい。

=======
Q.今まで嫁に内緒で“高額なモノ”を買ったことはありますか?

・ある 55名
・ない 53名

(※回答者合計108名)
=======

「ある」と答えた人のなかで最も多かったのが「腕時計」で12名。大人になるにつれて身につけられるファッションアイテムの範囲は自然と狭まっていくもの。ロレックスをはじめ、質の良い腕時計はON/OFFを問わず、優秀なビジネスマンであることを示してくれる。まさに“男のロマン”を象徴するアイテムと言えよう。以下が彼らの購入した腕時計の金額と小遣いの詳細だ。

・腕時計30万円(41歳・会社員/小遣い月2万円)
・腕時計30万円(38歳・会社員/小遣い月2万円)
・腕時計450万円(50歳・自営業/小遣い未定)
・腕時計60万円(45歳・自営業/小遣い月10万円)
・腕時計35万円(44歳・小売業/小遣い月5万円)
・腕時計15万円(50歳・会社員/小遣い未定)
・腕時計150万円(48歳・会社員/小遣い月10万円)
・腕時計100万円(47歳・会社員/小遣い月10万円)
・腕時計150万円(30代・会社員/小遣い月5万円)
・腕時計100万円(51歳・会社員/小遣い月10万円)
・腕時計200万円(40歳・会社員/小遣い月4万円)
・腕時計120万円(51歳・会社員/小遣い月15万円)

 だれもが高額な腕時計だが、その最高額は450万円。バレたら怒られないのだろうか……。そのほか、ファッションアイテムではレザージャケットが2名。使えば使うほど体に馴染みアジが出てくるので、一生モノとも呼ばれる。

・レザージャケット20万円(39歳・会社員/小遣いは財布からなくなったら嫁が補充)
・レザージャケット50万円(35歳・自営業/小遣い月20万円)

 腕時計に次いで多かったのが「車」で9名。それにまつわる「改造パーツ」や「カーナビ」と答えた人も4名いた。「バイク」は6名だった。やはり車やバイクなどのモーター系は男のロマンの筆頭株といえる。嫁に黙って勝手に購入を決めたということか。

 いちばん高額だった車はポルシェで1000万円。バイクはハーレーダビットソンで330万円である。

「ポルシェはずっと夢だった。そのために仕事を頑張ってきた」(49歳・自営業/小遣い月10万円)
「ディーラーでひと目惚れしてハーレーダビットソンを購入した」(52歳・歯科医/小遣い月15万円)

次のページ 
まだまだある、高額な趣味

1
2




おすすめ記事