雑学

嫁の実家へ帰省、御両親に失礼のない服装ってどんなの? 押さえておくべき3つのポイント

 皆さん初めまして、今井諒です。元『men’s egg』モデル、現在はメンズファッションブランドのディレクターやオンラインショップの運営を行っております。かつて“ギャル男”だった僕も今では二児の父となり、仕事と育児に邁進中です。

mensegg

今井諒氏(右)が表紙となった『men’s egg』(株式会社大洋図書/2006年4月79号)

 年末年始にかけて、家族や親族との会合が増えることかと思います。そこで、記念すべき連載第1回! テーマは『嫁さんの御両親に失礼のない着こなし』です。

 結構これが難しくて、当たり障りない格好をして「パッとしない地味夫」と思われるのもなんだか癪(しゃく)ですし、キメッキメのよそ行き服で行くのもいかがなものかと悩まされますよね。

年末年始は嫁さんの実家へ帰省…さて、何を着ていく!?


 かく言う僕も以前、家族で食事に行く際、義父母が来ることを知らずヒョウ柄のシャツを着ていったら直接言われなかったにせよ、眉をひそめられた経験があります。

 20代半ばだった当時は「これも自分なんだからまぁいいか」と深く考えることはありませんでしたが、齢30を越えた今になってみるとヒョウ柄のシャツを着た派手な若造と食事をするのはさぞ気まずかったろうなぁと、義父母には改めて申し訳ないことをしたと思います。

 さて、旅行や初詣など集団行動が増える年末年始、同伴する家族に忍びない思いをさせないためにも、TPO(Time=時間、Place=場所、Occasion=場合)をしっかりと考えたコーディネートでのぞみましょう!

押さえておくべき3つのポイントを解説


 まずは1つ目のポイント「清潔感」。たとえば、世のファッションにはあえてボロボロに退廃させた服もありますが、「ダメージデニムを置いといたらおばあちゃんに縫われてた」なんて話があるように、まだまだ目上の方にはなかなか理解が得られない文化でもあります。

今井諒 軽いダメージデニム程度はアリですが、節度あるレベルが望ましいですね。ほら、なにより穴開いてると寒いですし(笑)。

 トップスはTシャツよりもニットやカジュアルシャツだとGOOD!

 その理由は、我々世代ではすっかりファッションとして根付いているTシャツですが、まだまだ50年やそこらの文化なので「Tシャツ=下着」という認識の年配者は思っている以上に多くいます。意識して街を見てみると、Tシャツを着た年配者ってあんまりいないと思いませんか?

今井諒 2つ目のポイントは「明るいトーン」。景気が良くなると明るいカラーが流行するのと同様に、明るいカラーはその人の好感度も高めます。奇抜すぎない柄物なんかもいいですね。

今井諒 全身真っ黒で疲れた顔をしていたら、あまり仕事が上手くいっていないものかと不安に思われかねませんが、明るいカラーを着ていれば「仕事頑張ってるのね! 2018年もお疲れ様!」とキンキンに冷えたビール片手に笑顔で労いの言葉をかけてくれるでしょう。

 ラストの3つ目は「リラックス」。御両親への気遣いを書いているこの記事の内容と一見逆行しているように思えるこのポイント。

 極端なことを言えば、「失礼のないように」とスーツでも着てきたもんなら逆に気を使わせてしまいますよね。動きにくいギッチギチな格好だと手伝いもままならないし、慣れない正座でノンストレッチのスキニーパンツなんて穿いたもんなら地獄の沙汰です。

 というワケで、動きやすい伸縮性のある素材をチョイスするのが望ましいですね。

今井諒 さて、3項目に分けてポイントを紹介してきましたが、結局どんな格好がいいのよ? って話なので、どの家庭のクローゼットにも入っていそうなアイテムたちでサンプルコーデをサクッと組んでみました。

 老若男女に好印象を抱かせる年末年始の鉄板コーデは……ズバリこれだ!

次のページ 
鉄板コーデを紹介

1
2





おすすめ記事