エンタメ

『孤独のグルメ』井之頭五郎が『クッキングパパ』に会ったら? 久住昌之氏×うえやまとち

 ドラマのSeason7も好評放送中の人気漫画『孤独のグルメ』原作者・久住昌之氏と、今年で連載33年目を迎える長寿人気グルメ漫画『クッキングパパ』の作者・うえやまとち氏。食漫画を代表する二人が、うえやま氏の故郷・福岡で3月10日にトーク&ライブを実施した。昨年、テレビ番組の収録で出会い、意気投合した二人。ドラマ『孤独のグルメ』の音楽も手がけ、音楽活動も精力的に続けている久住氏が、福岡のライブ会場を探していたところ、うえやま氏のゆかりのお店でライブを開催することに。さらに、うえやま氏によるフォークデュオライブ、そして久住氏とうえやま氏による豪華対談まで決行された。クッキングパパと井之頭五郎の化学反応やいかに!? トークショーの模様を完全ルポ!

久住:うえやまさんとは、昨年テレビ番組の収録で初めてお会いしたんですよね。

うえやま:お互い音楽もやるんですよなんて話をしていたら、いつのまにかこんなことに(笑)。

久住:博多は何度か来たことがあるんですが、とにかく食べ物がおいしくて。福岡に転勤していた友達も「みんな福岡に行くともれなく太って帰ってくる」って言ってました。飲んだ後も食べちゃうし。うどんとかラーメンとか。

うえやま:若いうちはラーメンで、だんだんうどんになっていくんです。

久住:それにしても、『クッキングパパ』は毎週ひとつの料理を取り上げているのってすごいですよね。『美味しんぼ』なんて、ひとつの料理で何週も話が続くのに(笑)。いま何巻まで出ているんでしたっけ。

うえやま:146巻が5月23日に出ます。

145巻

146巻

現在、最新刊145巻が講談社より発売中。146巻は5月23日発売 ©うえやまとち/講談社

久住:146巻! 1巻に何話入っているんですか?

うえやま:10話くらいかな。

久住:じゃあ今は146×10で……。

うえやま:1460回という中途半端な回(笑)。だいたい100回おきにカラーページとか増ページとかあるんだけど、1450回のときはなんもなかったな(笑)。

久住:ネタは毎週どうやって考えているんですか? みんなに聞かれるているでしょうけど。

うえやま:やっぱり旬の料理、いま話題の料理を「何かおもしろいのないですかね」って担当さんと電話で打ち合わせしてる感じですかね。たまに「あのおもしろいレストランに行ってみましょう」ということもあります。

久住:連載をはじめて今年で……。

うえやま:33年目ですね。

久住:うおー!それはやっぱり長い!嫌になることはなかったですか?

うえやま:もう限界!と思ったのは連載10年目、500回くらいのとき。これ以上やる意味あるのかなって。

久住:でもそこから、限界から20年続けているってすごい!

うえやま:開き直ったらまだ描けるかなって。1000回超えたら楽になるって秋本(治)さんが言ってたんだけど、うそばっかり! ますますきつくなるばかりですよ。

久住:僕は『孤独のグルメ』と『クッキングパパ』の共通点があるとしたら、ほかの漫画家が何をやっているか、何を描いているかは関係ないってことだと思うんです。

うえやま:少し前に「昭和のグルメブームのひとつとして、何か一言ください」と雑誌からコメントを求められたんだけど、「え? 昭和にグルメブームがあって、もう終わったの? 自分はまだ描いてるんですけど」って思いましたね(笑)。

久住:いわゆるバブルのグルメブームってのは、『クッキングパパ』を描き始めたあとのことですよね。

うえやま:僕が描きだしたのは85年だから、バブル少し前ですね。バブルの、おいしいものみんなで食べようぜ!っていう時代があって、そのあとまたバブルがはじけてぐちゃぐちゃになるんだけど。でもまあ、僕が描いているのは最初からB級だった。冷蔵庫を開けて、家にあるもので作れるよって料理が基本。あれがないと、とか、これを取り寄せないとダメとかない。「究極」とか言い出したらキリがないから(笑)。そのへんにあるものでおいしいもの作ろうって。

久住:あはは。僕も、『孤独のグルメ』って、よく『孤高のグルメ』って間違えられるんですよ。「孤高」というと「究極」対「至高」のメニュー対決っぽくなっちゃう(笑)。

うえやま:いや、あの漫画も素晴らしい作品だと思うんです。勉強になるし。でも飯食ってるときに怒らないでほしいなって。なんで飯食ってるときに「たわけ!」って言われないといけないんだ(笑)。飯がのどを通らないじゃない。ってまあ、漫画の話なんですけどね。

久住:『孤独のグルメ』でも、一回だけ五郎の前で人が怒られるって回があるんですよ。

うえやま:ありましたね。

久住:それで五郎が「人の食べてる前で あんなに怒鳴らなくたっていいでしょう 今日はものすごくお腹が減っているはずなのに 見てください これしか喉を通らなかった!!」って怒るんですけど、ヘンだよね(笑)。この主人公、おっかしいな、バカだなあって。

『孤独のグルメ 新装版』第12話「東京都板橋区大山町のハンバーグ・ランチ」より

次のページ 
原作者と映像化作品の距離感とは?

1
2
3
4
5
孤独のグルメ2

男が一人で淡々とメシを食う姿を描いた人気ハードボイルド・グルメマンガ

●第2巻の第1話を無料公開中

孤独のグルメ 巡礼ガイド3

「孤独のグルメ」ファン必携のガイド本の第3弾が登場! テレビ版Season5~6に登場した名店を紹介。ファンであれば、どこから読んでも楽しめるバイブルです。





おすすめ記事