雑学

タンポポ炒めが美味しい!都会で採れて食べられるゼロ円野草

 貴重な連休のGWは思い切り楽しみたい。しかし、GWだからこそ、何をするのにもお金がかかってしまいがち……。そこで、お金をたくさんかけずとも、GWを満喫できる方法を紹介する!

GWを激安で楽しむ方法

 自分で採って、自分で調理すればすべてタダ!


 身近にありすぎて気づかないタダの食材・野草。野草研究家のハーブ王子氏は「冬~5月頃はアクも少なくおいしい時期」と話す。

「野草の7~8割は食べられますし、栄養価は野菜以上。セリ科の植物等は毒草との見分けが初心者には困難なので、個人で採る場合は身近なタンポポ等にしましょう」

 案内してくれた横浜市の田んぼ。あぜ道には、ノゲシ、ギシギシ、シロツメクサなどおいしい野草が30種以上。「クレソンの仲間です」と教えてくれたタネツケバナはその場で食べてもおいしかった!

「田んぼの近くや水辺には野草が多く、東京なら多摩川沿いや山地近辺は野草の宝庫。都内の路上にもおいしい野草は多くありますが、除草剤のまかれていそうな場所での採取は避けましょう」

 採取後はタンポポの葉をキムチ炒め、セリとヨメナをスープにしてくれたが、程よい苦味がアクセントになりどちらも美味だった!

「炒めものや餃子などに、葉物の野菜代わりに気軽に使ってください。風味をより楽しみたいならジェノベーゼにするのもいいですよ」

<GWに都会で採れて食べられる野草>


1位 タンポポ

GWを激安で楽しむ方法 誰でも見つけられる野草。柔らかい葉は「少し苦味のあるレタスのような味」で、サラダ、炒めもの、ピザの具などにも最適。花びらはオレンジなどのフルーツと合わせてジャムに

2位 ヨモギ

GWを激安で楽しむ方法 餃子やポテトサラダ、コロッケなどの具材にも◎。乾燥させれば肝臓にいいお茶になる。ハーブ湯を楽しむのにもいい

次のページ 
おいしく食べられる野草3~5位は?

1
2
週刊SPA!5/1・8合併号(4/24発売)

表紙の人/ 乃木坂46

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事