雑学

「夏に差がつく男の着こなし」3選。手持ちのTシャツが一気に蘇るテクとは?

メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第182回目をよろしくお願いします。

メンズファッションバイヤーのMB

メンズファッションバイヤーのMB。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 カジュアルなプリントTシャツ・短パン・サンダル……など、誰しもラフな着こなしになる夏シーズン。「これさえあればほかと差がつく」「これさえあればおしゃれに見える」アイテムを3つほど紹介します。今年の夏の合コンはコレで決まり。ぜひ着こなしの参考にしてみてください。

手持ちのTシャツが一気に蘇る「スラックス」の魅力


スラックス 声を大にして言いたいくらい、夏はスラックスがイチオシです!! 騙されたと思って試しにスラックスを手に入れてみてください。いつもの野暮ったいプリントTシャツも一気におしゃれに格上げされます。

 メンズのおしゃれで必要なのは「ドレスとカジュアルのバランス」です。プリントTシャツやデニムなどカジュアルになりすぎては野暮ったい普段着になってしまうし、ドレスシャツや革靴などドレスすぎては仕事帰りに見られてしまう。このドレスとカジュアルの中間を狙うのがポイントです。

 スラックスを使って下半身をドレスライクにすれば、いつものプリントTシャツが一気に大人っぽく格上げされるワケですが……じゃあなぜ上半身をドレスにするのではなく、下半身に的を絞るのか。それは男性の大半が「トップス」ばかり持っているからです。

 アパレルに属する人なら理解できますが、ほとんどの人はズボンよりトップスのほうを重視して買いがち。タンスに10枚Tシャツがあるとしたら、ズボンは1枚程度しかないでしょう。そのくらいズボンの本数は少ないもの。「ドレスとカジュアルのバランス」を取ろうとドレスライクなトップスを買っても、ズボンの本数が少ないためバリエーションも乏しくなり、「いつも同じ服を着てるイメージ」になってしまいます。

 そこでスラックスがオススメ。下半身をまずドレスライクに整えてあげれば、手持ちのプリントTシャツがことごとく蘇ります。若い頃に買った野暮ったいバンドTシャツも黒スラックスに合わせるとアラ不思議……驚くくらい「なんとなくおしゃれ」に感じるものなのです。

 夏はカジュアルに寄りがちだからこそドレスライクなアイテムを、そして、みなトップスを重点的に買っているからこそズボン側をドレスに。以上の理由からスラックスを持つとほかと差が生まれ、またバリエーションも豊かな着こなしが可能となります。

白スラックス ちなみに上級者っぽいおしゃれに見せるためには「白スラックス」もおすすめ。暗めのトップスを持ってきても、白スラックスの明るい印象で夏っぽさが出ます。季節感も意識するなら白スラックスも試してみてください。

次のページ 
パッと大人っぽくなれるアイテム

1
2

より詳しいおすすめアイテムなどは、私MBが毎週発行するメールマガジンなどでも掲載しています。興味あればぜひご登録ください。(メルマガ【最も早くオシャレになる方法】現役メンズバイヤーが伝える 洋服の着こなし&コーディネート診断

●「MB×SPA!30周年コラボビジネスアイテム」販売ページ https://mbspa.stores.jp/
MB_1
●新刊『幸服論』の一部がcakesにて無料で読めるので、ぜひ! https://cakes.mu/posts/19687

幸服論――人生は服で簡単に変えられる

『得する人損する人』(日本テレビ系)で話題の著者、最新刊。自信は服で簡単につくることができる!

最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!





おすすめ記事