雑学

「夏のおしゃれ」を1000円そこそこで際立せるたったひとつの方法

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第183回目をよろしくお願いします。

メンズファッションバイヤーのMB

メンズファッションバイヤーのMB。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 今回は夏服をおしゃれに見せる基本中の基本を紹介します。

夏は誰もがラフでカジュアルになるからこそ……?


 Tシャツに短パンにサンダルに……高温多湿な日本の夏は、どうしてもラフでカジュアルなスタイルになりがちです。しかし、メンズのおしゃれに必要な要素は「大人っぽさ」。女性が本能的に求めるのは古来から「自分と子供を守ってくれる男性」。原始時代ならそれが「筋肉質な体」だったかもしれませんが、現代では力の象徴が「社会的な地位」に置き換わってます。だからといってもちろん「成金」がモテるほど女性は単純ではありません、社会的地位を外見で象徴的に表すスタイル……それが「スーツ」です。

 大人っぽさの象徴であるスーツは女性にとって最も魅力的に感じるスタイル。もちろん普段着からスーツを着ていたら、ただの「仕事帰り」に思われますから、重要なのは「普段着にスーツの要素を入れること」。

 スーツの要素は、例えばジャケットやスラックスやシャツなどのデザイン服、モノトーンの配色だったり、上下細身だったり、ツヤのあるウールやレザーの素材使いなど表現できます。こうしたスーツの要素を入れ込むことで男性は「おしゃれ」を纏うことができるのです。

 ところが夏はみながスーツからかけ離れたスタイルになります。カラフルなプリントTシャツや、ゆったりとした迷彩柄のショーツ、蒸れない通気性の良いサンダルなどなど。デザインもシルエットも色合いも素材もすべてスーツの対極にあたる「どカジュアル」なものばかりです。

 ですから、夏をおしゃれに見せる方法はただ一つ。「できる限り、1点でも良いので、スーツの要素を入れる」ということなのです。

夏のドレスは「スラックス」でキマリ


 さて夏にドレスライクなスーツの要素を入れるにはスラックスがオススメです。

スラックス スラックス パンツをスーツライクなスラックスにしておけば、いつも着ている「どこで買ったか忘れたカラフルなTシャツ」や「通販で色の指定を間違えた派手なシャツ」でも「なんとなくおしゃれ」程度には成立するもの。スーツの要素を入れることで大人っぽく、こなれた雰囲気が出ます。

 またスラックスを選ぶ際は必ず下記を意識してください

・細身シルエットを選ぶこと
・色は黒を選ぶこと
・足首が出るアンクルカットを選ぶこと


 これでOKです。せっかくのスラックスもカラフルな色やルーズなシルエットを買ってしまうと、少々カジュアル感が強くなります。あくまで「スーツライク」に見えるようにスラリと綺麗なシルエットとシックな色を求めましょう。しかし、そうして細身・黒のスラックスを選ぶとどうしても季節感が損なわれます。そこで、夏らしい印象を与えるために足首の素肌をチラリ見せる丈を選ぶとBESTです。暑苦しさもなく大人っぽいスーツの要素を自然に纏えます。

次のページ 
ユニクロ、GUでオススメなスラックス

1
2

私が配信するメールマガジンでは「夏のスラックス着こなし攻略大特集」を行なっております。興味ある方はそちらもご覧ください。現役メンズバイヤーが伝える 洋服の着こなし&コーディネート診断

●「MB×SPA!30周年コラボビジネスアイテム」販売ページ https://mbspa.stores.jp/
MB_1
●新刊『幸服論』の一部がcakesにて無料で読めるので、ぜひ! https://cakes.mu/posts/19687

幸服論――人生は服で簡単に変えられる

『得する人損する人』(日本テレビ系)で話題の著者、最新刊。自信は服で簡単につくることができる!

最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!




おすすめ記事