雑学

老舗洋食店「たいめいけん」が提供するラーメンはうまいのか? 並んで食べてみた

 いきなりだが、皆さんはラーメンがお好きだろうか? 私はラーメンが好きである。今や世の中に数多く存在するラーメン店。今回はその中で、ラーメン専門店じゃないにもかかわらずうまいラーメンを提供するお店を直撃し、味をレポートしようと思う。

老舗洋食屋が営むラーメン専門店


「日本橋たいめいけん」。グルメ好きでこの名を知らない者はいないはずだ。昭和6年の創業以来、オムライスなど洋食の定番を提供し続ける大人気のお店だ。そんな「たいめいけん」、実は数年前にらーめんコーナーなるお店を出したことでも有名だ。無類のラーメン好きである筆者。しかし不覚にも、いまだこの「たいめいけん」のラーメンを一度も食べたことがなかったのである!!!

「専門店じゃないにもかかわらずうまいラーメンを提供するお店」

 こんなにも素晴らしいレポート業務を任された今、もはやほかの仕事などしていられない! 筆者はやりかけの重要な仕事を放り出し、急いで日本橋へと向かった。

店舗の裏手にひっそりと構える「らーめんコーナー」


たいめいけん

4人が入れば満席になる店内

「日本橋たいめいけん」の角を曲がった裏手に、筆者のお目当て「たいめいけん らーめんコーナー」はあった。路地裏にひっそりと構えるお店。立ち食い専門店、4名で満員となる極狭店舗にもかかわらず、筆者が訪ねたお昼時には7人もの行列ができていた。会社の昼休み中であるならば、並ぶのにも躊躇していたであろう。しかし、これは「仕事」なのである。「会社に戻るのが遅くなり上司に怒られる」。そんなつまらないためらいなど一切必要としないこの状況。当然、並ぶ。

 並んで待つこと約30分。食券でラーメン(750円)を購入し、いよいよ店内へ。

厨房 狭い店内。それとは対照的に、目の前には広々とした厨房の景色が広がっていた。そう、この厨房はらーめんコーナーだけの厨房ではなく、隣接する「日本橋たいめいけん」の厨房も兼ねているのだ。目の前で調理されるオムライス。無類のラーメン好きである筆者だが、このオムライスの誘惑はなかなか強敵であった。

 そして食券を渡して待つこと5分。ついにお目当てのラーメンが筆者の目の前に!

次のページ 
シンプルで美しいビジュアルのラーメン

1
2





おすすめ記事